Entries

スポンサーサイト

越谷限定のハトとアルバニア

昨日の毎日新聞にこのような記事が載っていました。越谷周辺に生息するハトが絶滅するかもしれないそうなんです。写真は新聞から。日本野鳥の会埼玉県支部提供とのこと。シラコバト:絶滅のおそれ…鳥インフル対策影響?  国指定天然記念物で埼玉県の鳥「シラコバト」に絶滅のおそれがあるとして、日本野鳥の会埼玉県支部などは今年初めて、関東の1都5県で本格的な個体数調査に乗り出す。目撃情報が05年ごろから激減したためで...

マグロの卵

昨日、寿司を食べていて「そう言えばマグロの卵ってみたことがない」とふと思った。マグロといえばクロマグロのことをさす。大きいのになると800キロにもなる。泳いでいないと死ぬ、というのは知っていた。夏に葛西臨海公園で実物を見て、泳ぎの速さに驚嘆した。だけど、そもそもどうやってマグロは生まれるのか、ということに関しては考えたことすらなかった。寿司屋に行けば毎回のようにマグロを食べているのに。魚だから卵の...

雀の交尾

最寄りの駅から家まで歩いている途中、頭上から聞き覚えのない鳥の鳴き声が聞こえてきました。ひよこに似たピヨピヨピヨという声なのですが、せっぱ詰まったような早口です。その鳴き声にチュチュチュチュという雀の鳴き声が絡みます。なんだろうと思って見上げると電線の上に雀が二羽いました。メスらしき雀がチュチュと鳴き、隣りの電線にうつると、オスらしき雀が追います。オスはさらにせっぱ詰まったかのように先ほどよりも早...

鳥の思い出とニュース

迷いインコ、住所・氏名を名乗って無事帰宅2005年09月21日06時10分  「モリオカシ、コンヤチョウ、○○マンション、トダ・チロタン」。盛岡市で迷子になったセキセイインコが、自ら住所と名前を話し、無事帰宅した。  同市紺屋町の戸田道さん(84)が飼っているオスのチロタン。15日に行方不明になり、16日、自宅から数百メートル離れたマンションで保護された。その翌日から住所などをしゃべり始めたという。 小学生のころ...

あくびする亀

サハリンからの一時帰国団の皆様にお会いした帰りに入った韓国料理屋にいました。...

石で泳ぐ雀

調べ物のため靖國に資料を探しに行った。境内の砂利の上で踊っている雀を発見。しかも一匹だけではなくいたるところに。かゆいのだろうか?...

動物の睡眠時間

ここを見てちょっと驚愕。ナマケモノ20時間ってのはなんとなく想像がついたけどウシ3時間、ウマ2時間ってのは知らなかったなあ。牧場で彼らって寝ずに何考えてるんだろ。ところでネコって14時間も寝るんすね。小春くんってそう寝過ぎってわけでもないんですかね、みいやん様。...

葉っぱを植えてみた

空いた飴の缶に土を入れ、その上に置いてみました。育つといいな。...

スカウト魚

き、きみー。タレントになってみない?いや、けっこうです。(と言って立ち去る)……って感じに見えないですか?...

黄色いハコフグ

おんどりゃー、なにメンチきっとんねん。しばくぞ。うっそー。...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。