Entries

スポンサーサイト

北方領土の日と伊豆半島

今日、2月7日は北方領土の日です。北方領土の日とは「北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還運動の一層の推進を図るために制定された記念日」(wikipediaより)だそうです。ではなぜこの日になったのかというと、1855年のこの日、北方領土が日本領土だと確定した日だからです。とはいってももともと北方領土を含む千島列島はアイヌなど北方民族が住んでいた島々ですが。日本とロシアは彼らをな...

2007.8.15靖国

今年も行ってきました。去年までは午前中からでしたが、今年は夕方にちょろっと。出かけた時間の遅さもあるんでしょうが、昨年、一昨年よりは盛り上がりに欠ける印象を持ちました。年々、急速に元軍人を見なくなっている印象です。もうほとんど絶無と言っても構わないと思います。ご存命の元少年兵でも80そこそこという高齢ですから仕方がないのでしょう。去年までいつも同じ場所に座っていた特攻隊崩れの男性も今年は見ませんで...

ロケット打ち上げ成功祈願神社

昨日、種子島の宇宙センターからH2Aロケットの打ち上げに成功しました。このセンターには一度行ったことがあって、「景気はロケットの打ち上げが成功するか次第」とセンター内の食堂のおばさんが語っていたのを思い出します。センター内には小さな神社があり、その神社を見つけたときは「そーか、最先端技術って言っても最後は神頼みか」と、打ち上げ前に成功を祈願する職員の様子が目に浮かぶようでニヤリとしたものです。この...

ロケット打ち上げ成功祈願神社

昨日、種子島の宇宙センターからH2Aロケットの打ち上げに成功しました。このセンターには一度行ったことがあって、「景気はロケットの打ち上げが成功するか次第」とセンター内の食堂のおばさんが語っていたのを思い出します。センター内には小さな神社があり、その神社を見つけたときは「そーか、最先端技術って言っても最後は神頼みか」と、打ち上げ前に成功を祈願する職員の様子が目に浮かぶようでニヤリとしたものです。この...

靖國神社の例大祭にちょこっと寄ってみる

昨日、打ち合わせのため、夕方、外に出ました。バイクで走ると肌寒そうだったのでジャンパーを羽織りました。今シーズン初めてのことです。場所は神保町。途中、通り道ですし、九段にある靖國神社に寄ることにしました。例大祭の様子を見るためです。普段通りの静かな靖國でした。みたま祭りのように屋台はなく、8月15日のようにテントもない。ただ違っていたのは拝殿そばの参道に篝火が左右に焚かれボーイスカウトの子供たちが...

今年の靖国雑感

去年は雨でしたが今年は晴れ渡りました。そのおかげかとにかく人が多かった。特筆すべきことは若い人が激増してたってことですね。世代交代が進んでいると。戦争が現実感のない物語としてますます語られるようになるんだろうなと思いました。写真は11時すぎ、小競り合いの果て連行されていく人です。「侵略戦争を許すなー」って確か言ってたと思います。...

靖国神社へみたままつりをみにいく4

さて拝殿へと参りましょう。拝殿のところには御神輿がいました。右折すると能楽堂が見えてきました。雅楽が催されています。しばらくすると選手交代。マジックが始まりました。実はつのだ☆ひろのライブも数日前、行われました。武道館でビートルズがライブが開かれるというとき、巨人のオーナー正力松太郎が反対しました。246万柱のみたまとともにある靖国がとなりにあるからです。今回は境内、奉納のための芸です。タキシード...

靖国神社へみたままつりをみにいく3

みたままつりの開催中、外人さんもおおかったですね。韓国語もそこここから聞こえてきました。屋台もインド、トルコ、ドイツ料理など国際的でした。しかし中華や韓国ものは他の寺社の縁日よりは少なく、すみずみ探してみつけたのはここ一軒だけでした。ひとつ注文しつつ、さりげなく聞いてみました。「ここって以前からやってるんですか?」「毎年やってます」へ!!ちょっとびっくりしました。ところでこの提灯、よーく観てみると...

靖国神社へみたままつりをみにいく2

8月15日や平日と違うのは若者の多さです。ここにも。ここにも。ここにも平均年齢でいうと30歳ぐらい違うような気がしました。...

靖国神社へみたままつりをみにいく1

靖国神社はさまざまな顔を持ちます。A級戦犯が祀られている靖国、一般の戦没者が祀られている靖国、皇国史観に基づいた展示が並ぶ遊就館を持つ靖国。都心の散歩コースに最適な靖国、中韓を含めた諸外国からの観光客が集う靖国、バイク便ライダーやタクシードライバーの客待ち・休憩所に使われている靖国。8月15日には戦没者に黙祷をささげ、かつての兵士たちがささやかな同期会をひらきます。そのまわりでは右翼が街宣車でがな...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。