Entries

スポンサーサイト

アグネス・チャンとソマリランド

2月の初めごろか、ユニセフ親善大使のアグネス・チャンがソマリアを訪れたという見出しを新聞に見つけた。首都のモガディシュに出かけたのだと思って読み始めたら、ソマリランドのハルゲイサを訪れた旨が本文に記されていた。ソマリランドは実質的には別の国だ。国際的には承認されてはいないが、ビザさえとれば誰でも入国ができる。モガディシュのような無政府状態ではなく、ここでは平和が保たれている。そのような予備知識があ...

デジカメWatchに載っています

年末に2週間行ってきたエチオピアの旅行記がなぜかデジカメWatchに掲載されました。旅ライターが使ってみた ニコン「GP-1」もちろん雑誌のカラーに合わせて書いています。無料ですんで、気軽に読んでみてください。(できれば有料の記事でも気軽に読んでほしい!)...

蜂蜜酒のようなものをつくる

エチオピアに行って一番おいしかった飲み物が蜂蜜酒「タッジ」です。 蜂蜜の産地、ラリベラには、この飲み物を飲ませる酒場(タッジ・ベット)がいくつかありました。写真はその一つ。左にいるのは乞食。邪険には扱われますが、無視はされません。楽器を持っているのがアズマリという流しの歌手です。 あまりにおいしかったので家でも作ってみることにしました。 余ったベトナム産の蜂蜜を倍のぬるま湯で溶き、小さじ一杯の酵母を...

オバマとエチオピア

深夜、オバマ氏がいよいよ大統領に就任するそうですね。オバマ氏の大統領就任を記念して、今回は彼に関する話を披露してみます。年末に行ったエチオピア、オバマ人気で盛り上がっていました。行く先々で「オバマを知ってるか?」と英語で聞かれたり、Tシャツにバッグ、絵はがきと関連グッズを目にしました。また、一家の写真が入ったステッカーを貼っているトレーラー、果てはOBAMAとペイントしてしまった乗用車まで見ました。「...

エチオピア旅行に出発してから一ヶ月

出発したのが12/17でしたから出発してからすでに1ヶ月以上がたってしまったことになります。 詳しくは追々、写真を交えて発表していきます。今回はちょっとした報告です。 ○印象的だったこと ・到着直後におそわれた高山病 ・原始時代さながらの暮らしをしている人々 ・動物園のような南部の幹線道路 ・衣食が足りていない本当の貧困 ・独特の信仰が残るご当地のキリスト教 などでしょうか。 ○食と健康 これを機に体の抵抗力...

エチオピアへ出発/読んだ本と読む本

今日の夕方、出発します。東京の羽田空港を出発し、エミレーツの国内線で関西空港へ。関空からドバイへ飛び、エチオピアに到着するのは現地時間で18日の昼前(日本だと夕方)です。 今日をもって今年の作業はおしまい。一足早く2008年を終えるようなものです。そのため、今日という日が近づけば近づくほど、立て込んできていました。そんなわけで、ぎりぎりまで仕事をしていました。最後の仕事はつい先ほどになってようやく...

移動する祝日

アフリカ大陸の歴史は植民地の歴史といえると思う。ほとんどの国がヨーロッパ各国の植民地に転落した経験を持っているからだ。 植民地になったことがない唯一の例外が、アフリカ大陸中部に位置するエチオピアという国だ。かつて王制が敷かれていたこの国はアフリカ随一の親日国で、日本とは何かと縁がある。 高知県にエチオピア饅頭というものが売られていたり、シマガツオの別名がエチオピアだったり。現在の天皇・皇后陛下の新婚...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。