Entries

スポンサーサイト

6月までの掲示板とお知らせ

ご意見はなるべくこちらに書いてください。またこちらは拙ホームページの掲示板です。なお西牟田靖のホームページはこちら。「21世紀の大日本帝国紀行(仮)」(情報センター出版局)が来月発売予定です。約400頁(たぶん超えます)の大著です。現在、直し作業の真っ最中です。このblogでしょっちゅう紹介している元日本の領土の紀行集です。南サハリン(南樺太)、台湾、韓国、北朝鮮、中国東北部(満州)、ミクロネシア(南...

神社の戦後~鞍山神社編

鞍山は一九〇九年に満鉄の調査により大規模な鉄鉱床が発見され、本格的な採掘と製鉄が開始された街で、鉄関連産業の発展と共に街も大きくなり、現在の中国では代表的な工業都市として君臨している。人口は実に三〇〇万人以上にものぼっている。 戦前、鞍山神社があり、天照大神、明治天皇を祭神とし、一九二四年に創建された。烈士山公園と名前は変わっていました。鳥居のかわりに中華門が建ち、標高100メートルの山のてっぺん...

わかりづらい二段階右折

身の回りネタが二つもあるので「日本の足あと」ネタは温存します。普段、原付のスーパーカブに乗っているのですが、今日白バイにつかまりました。ちゃんと交通法規に乗っ取って運転しているつもりでしたので、後ろからサイレンを鳴らされ、止まるように命じられたときは狐につままれたような気分になり、何がなんだか状況が理解できませんでした。ここが僕が違反を犯した現場です。甲州街道の西参道交差点です。普段は十二社通りを...

ウレタン枕1000円で買いました

[関連したBlog]youyさんの6/21のblogに触発され、僕もウレタン枕を買ってみました。ずっと長年使い続けた枕の買い換え時期でした。天日に干しても焼け石に水でした。風呂に入った翌日でもぼりぼり頭をかいていた始末です。最近、眠りが浅くなっていました。近くのドンキホーテで1000円。1980円のものもありましたが、安い方にしました。...

神社の戦後~新京神社編

満州国の首都であった新京(現在の長春)には新京神社がありました。大正四年頃創建され、そのときは長春神社と呼ばれていましたが、昭和7年に満州国建国と共にその名を改めました。祭神は天照大神、大国主命、明治天皇の三神でした。新京在住の日本人市民にとって結婚式や宮参りなど生活に欠かせない存在で、雨後のタケノコのようにあちこちに創建されていた開拓地神社の神主をこの神社で講習を受けさせたり、敗戦後、満州国が崩...

神社の戦後~朝鮮神宮編

戦前、ソウルにあった朝鮮神宮は南山にありました。ところが敗戦翌日(一九四五年八月一六日)祭神にお帰り願う前代未聞の「昇神式」というものが行なわれ、神が飛行機で日本に戻され、御神体は宮中に返還、社殿は解体焼却されてしまったのだそうです。現在はこんな感じです。南山タワーや安重根の記念館、植物園になっています。ほら、後ろの稜線の形が同じでしょ。…朝鮮神宮のご神体は、今も宮内庁の森の奥にあるそうです。見学...

神社の戦後~大連神社編

中国東北地方の港湾都市、大連は戦後日本に戻された神社です。これについてはおとといネットで調べていて偶然わかりました。一昨年このあたり行ったことがあり、名前が気にはなっていたのですが、行っておけば良かったと今頃後悔しています。それは山口県の関門海峡のそばにあります。「明治39年日露戦争終焉と共に満洲国の玄関口大連市総氏神として鎮座せられて40年間昭和20年8月大東亜戦争終結するやソ連軍保護のもと同2...

大連港

19世紀末、極東進出をすすめていたロシアは大連という不凍港を清から手に入れ、都市化を進めました。ところが日露戦争で日本が旅順と共に奪います。租借地という形で手に入れたので99年という期限がありました。つまり香港みたいなものです。韓国の仁川から大連にやってきたのは2002年1月のことでした。日本からのお下がりの船です。なんか摩天楼ばっかりですごいことになっています。最近の経済発展ぶりすごいですね。一...

大連のチンチン電車

大連は中国には珍しいチンチン電車が走っている街です。新たにペイントが施されていますが、どれもこれも懐かしい形をしています。ほらノスタルジックでしょう。これらは日本統治時代からの遺産でもあります。それにしてもこの車両、京阪電車の特急(テレビカー)にそっくりですね。...

真紀子さーん パート2

[関連したBlog]大連から瀋陽に特快(特急)で向かっていると向かいに座ったのは、またまた真紀子さんでした。……というのはもちろん嘘です。左のボクチンですが、「真紀子」さんの一粒種のようです。「真紀子」さん、溺愛なさってました。一人っ子政策が厳格な中国ですから無理もありません。一人っ子政策下で生まれた世代は小皇帝とか呼ばれて親は過保護に育てるようです。...

マナーもへったくれもない韓国一周ツーリング5

珍島にやってきました。珍島犬で有名です。ここは海が割れる所でもあります。こいつが珍島犬です。離島なのでパトシップです島のはしにやってきました。ナンバーがないですって?目の錯覚でしょう。...

北朝鮮の律動体操

[関連したBlog]大衆律動体操・健康テコンドー 共和国は1993年11月、体育の大衆化を目的に、11種類の動作がある既存の「人民保健体操」を変形し、「大衆律動(リズム)体操」と「健康テコンドー」を創作・普及させた。 【大衆律動体操】 体育委員会の「体育科学研究所」で創作・普及された、15種類の動作で構成される一種のエアロビクスである。一般家庭はもちろん、学校・機関・企業所等の単位で休憩時間を活用して実施されてい...

マナーもへったくれもない韓国一周ツーリング4

統営には豊臣秀吉をやぶった李舜臣の船、亀甲船がありました。見てください、めちゃめちゃ入り組んでるでしょ。お昼寝中です。韓国の旧盆だったせいか車が混んでて交通整理の警官まで出てました。全羅南道の塩田です。...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。