Entries

スポンサーサイト

11月の掲示板とお知らせ

11月5日未明、1か月ぶりに自宅に帰ってきました。また通常モードに戻します。ますますのご愛顧よろしくお願いします。書籍や雑誌執筆・直し作業をいくつも並行しておこなうんで、年末まで、いつになく忙しそうです。ありがたいことです。「軍事研究」に隔月で連載始まりました。「大日本帝国歴史紀行」というシリーズです。タイトルは仰々しいですが内容はいつもの通りの旅行記です。とはいっても発売延期になっている紹介済み...

歌舞伎町の裏路地

[関連したBlog]お店を出ました。入り口にはこんな人形がおかれています。こんな季節なのに店に飼われた亀が外におかれています。お金が入ってますけど!!!大丈夫?実はこんな路地に位置しています。映画、不夜城のロケ現場になったり、付近で殺人事件がいくつもおこったりしてるようです。歌舞伎町の最深部といっていいと思います。僕はこの路地が大好きです。ふと横を向くと壁に配管。位置関係が前後しますが店の横にはこんな意...

上海蟹とボジョレーヌーボーを試飲食

[関連したBlog][これも関連したblog]はい、昨日の続きです。歌舞伎町に移動しました。中華でパーティーです。野郎ばっかりの4人衆ですわ。はいはい写真ばっか撮ってないで。食べますよー。今年まだ飲んでなかったボジョレーの試飲もしました。うーむ。去年のに比べて軽くて辛くないですか?はい。メインディッシュその1、上海蟹です。お酒に浸けてあるタイプですね。これは。秋も後半にさしかかったこの時期、これを食べるのが楽...

カラシニコフについての誤解

[関連したBlog]おっと、また誤解があったようです。朝日の記事「紛争地に自分の銃、悲しい」自動小銃AK47の開発者、タイトルだけを見て早合点してしていました。自分の意図しないところで武器として使われていることについて、「自分ではどうにもならない」、という共通点を書こうと思ったのですが、早計でした。すいません。「軍事研究」の9月号に彼のコメントが載っています。カラシニコフ銃が世界各地で混乱と悲劇を引き起...

見世物小屋を見に行く

[関連したBlog][これも関連したBlog][これまた関連したBlog]人混みにもまれて約10分、神社出口のそばにある目的地にやってきました。見世物小屋です。おや、頭に鉢巻きを巻いた、はっぴのおばさんがなにやら威勢のいい口上を述べてますね。「一度見れば、末代までの語り草。お代は見ての後で結構です」写真を撮っていて何を言っていたのか具体的にはよく覚えてませんが、そんな感じだったと思います。和製ホラーといったおど...

米軍の「音楽兵器」についての誤解と悲哀

[関連したBlog]おととい書いたHRHMの戦争利用についてですが、関連の記事を見つけました。米軍の秘密兵器は「ヘヴィ・メタ」 ファルージャ掃討軍用車などからメタリカやAC/DC、ツェッペリンなどHR/HMの楽曲を大音量で流してイラク人に精神的な苦痛を与える作戦を展開しているのだとか。 イスラム文化圏には、この種の激しいサウンドの音楽がないため、イラク兵にとってこれを大音響で長時間、流されるとかなりの精...

新宿酉の市

新宿の花園神社。酉の市を見に行ってきました。すごい人出なんで境内は一方通行になってました。屋台がたくさん出ています。人が多すぎて利用しませんでしたが。これはひもを引っ張ったら景品があたる、ってやつでしょう。屋台の中には飲み屋もありました。...

ヨヨヨヨ、ヨン様

ヨン様宿泊ホテルで女性ファン詰めかけ9人けがライター仲間の杉岡君がヨン様について書いてるんでTBします。26日正午すぎ、来日中の韓国の人気俳優ペ・ヨンジュンさんが宿泊している東京都千代田区のホテルの正面玄関付近で、詰めかけていたファンがもみ合いで倒れるなどし、女性9人が病院に運ばれた。いずれも軽傷という。  警視庁によると、ぺ・ヨンジュンさんが車でホテルを出ようとしたところ、一部のファンが車に近寄...

ひ、ひどっ

内外のロック/ポップスについて「ひどっ」と思ったことを書く。大塚愛という歌手が流行っているようだが聴けば聴くほどaikoに似ている。似ているってことは二番煎じ。つまりパクリだ。それにしてもこの名前って本名なのだろうか。出身地が同じ大阪というのは偶然?曲調も声質もほとんど区別がつかない。違いといえば・aikoの方がアレンジがしっかりしている。・大塚愛はガキに受けそうな軽さがある。・aikoは顔も体つ...

ヤクザ国家の脅し

ウクライナ、首相当選発表野党、ゼネスト呼び掛け米は受け入れ拒否【キエフ25日共同】ウクライナ中央選挙管理委員会は24日、大統領選決選投票で与党のヤヌコビッチ首相が当選したとの最終結果を発表、これを受け、首相が勝利宣言した。ユシチェンコ元首相ら野党側は強く反発し、全土でのゼネストを国民に呼び掛け、与野党の対立が一層深まった。 パウエル米国務長官は同日、「選挙は国際基準に合致していない」として首相の当...

板橋の事件現場をいく3

はい。またまた板橋です。ここは小茂根という区の南部エリアにあります。地下鉄の小竹向原駅の近くです。今年の3月、このコーポで57歳男性の刺殺体が見つかりました。死後3週間。第一発見者は知人。台所で血を流して倒れていたそうです。Gパンにジャンパー、靴は履いたままだったとか。2年前に母親を亡くして以来一人暮らし。子供好きなおじさんだったようです。ベランダのサッシが外から割られていました。室内は金品のもの...

カズダンス!!

神戸快勝!982日ぶりのカズダンス/J1へえーそんなにしてなかったんだ。ラジオに出ていたりさ子夫人が「カズダンスを子供に教えている」って言ってました。ゴールの瞬間、お子さんもシンクロして踊ってたんでしょうか?写真は日刊スポーツより。...

友人が消えてから6年

友人の辻出紀子が突然姿を消してから今日で6年がたつ。タイへ旅行から帰ってきた翌日のことだった。伊勢の地域雑誌の勤務を終え、帰る途中、車だけを残していなくなったのだった。98年11月24日、当時彼女は24歳だった。関係HP事件が発生したのを知ったのは翌日か翌々日。彼女とつきあっていたTくんが携帯にかけてきたのだ。普段はおっとりとしているTくんがずいぶん取り乱していたので、ただごとじゃないということが...

板橋の事件現場をいく2

板橋区の常盤台に来ました。ここは戦前、田園調布をまねて都市計画されたところで、駅前の街路は放射状になっていて、高級住宅が建ち並んでいます。このとおり高級住宅街になっています。ところが1キロほどで早くも町が途切れました。前野町というところに来ました。なんだか庶民的なところです。去年3月、スナックでママさんら4人の刺殺体が見つかったのが前野町でした。ドアは鉄板のようなものが打ち付けられています。看板も...

寿命を調べてみた

あなたの寿命チェック!ってのをやってみました。その結果がこれ。あなたの寿命は【120歳】ぐらい、ギネス級です。あなたの遺伝子に備わっているサバイバル本能は、かなり高いようです。人を押しのけてでも、自分が生き残りたいという欲求は、精子戦争をくぐりぬけて誕生した人間の奇跡すら、思い起こすものがあります。きっとあなたは、放っておいても長生きできるので、問題ないでしょう。これからもたくましく生きてください...

やっぱそうなんやなー

独居男性に高い自殺危険度 同居者いる人の8・6倍18歳から15年!もずーっと一人暮らしをしている。ライターというのは取材の時以外は家の中で出来てしまう仕事なので、その部分に甘えてしまって、だらだら一日部屋の中にこもったまま、結局何も仕事がはかどらず、自分に対しての嫌悪感にまみれながら床に就く、ってことなんか今までに数え切れないぐらいあった。あまり理由もないのに塞ぎ込んでしまったりすることもある。今...

と、土佐っ子--

板橋紀行を昨日書き終わったんですが、途中ラーメンのことも書きました。平大周というところで、参考にしたラーメン食べ歩きサイトには「土佐っ子」という人気ラーメン店の血筋を引いていると書いてありました。その土佐っ子の女性オーナーが詐欺で捕まったそうです。http://www.asahi.com/national/update/1122/006.html200人から数十億を集めたまま3月に失踪し、このたび北海道で捕まったそうです。実は土佐っ子、食べに行っ...

板橋の事件現場をいく1

ええっと今、板橋カブ紀行ってのを書いてるんで、ついでにそれに関連する事柄を書いてみましょう。東武東上線、下赤塚駅そばの踏切です。今年5月、万引きをとがめられ逃げていた外国人が飛び込みました。池袋行きの準急にはねられて即死したそうです。そばの店で話を事情を訊いたのですが、思い出させてしまったみたいで、申し訳ない気がしました。それにしても男が命を落としてでも守りたかったものとは何だったのでしょう?祖国...

ド、ドラえも~ん

「ドラえもん」の声優交代へ 大山のぶ代さんら5人ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃん。主要5人とも声優交代するんだって。うちテレビ置いてないこともあって、ずいぶんとドラえもんから遠ざかっているけど、いざ交代となるとさびしいなあ。...

深海魚

新宿西口にて...

北朝鮮の美女軍団みっけた!

「北朝鮮、ファイト」 北朝鮮応援団が17日、ドバイで行われた2006ワールドカップ(W杯)アジア予選の北朝鮮-UAE戦で、北朝鮮代表チームを応援している。(写真・文章ともに韓国の中央日報より)中東のドバイくんだりまで美女軍団が応援しにいったんですね。行き帰りは当然、選手と同じ高麗航空の飛行機でしょうね。彼女たちは特権階級ですし、もし脱走なんかしちゃったら家族は収容所送りでしょうからね。そう簡単には...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。