Entries

スポンサーサイト

7月の掲示板

『僕の見た「大日本帝国」』は今月、来月が売り時のヤマです。なるべくたくさんの人たちに読んでもらえるように頑張るつもりです。また、大日本帝国ビジュアル版の目鼻が付くように奮闘します。そんなわけで取材旅行は今月はナシですね。7/2 13万HIT達成しました。ありがとうございました。7/18-23 「大日本帝国」ビジュアル版の追加取材のため、台湾へ行って参ります。「取材旅行は今月はナシ」という上の発言は撤...

靖国神社の見世物小屋2~若返ったヘビ女

まず現れたのは先ほどベールの向こうでヘビをもてあそんでいた女でした。椎名林檎がこっそり出演、ってわけでもありません。そう彼女が見世物小屋の花形、ヘビ女です。去年見かけた見世物小屋のヘビ女はおばあさんでしたが彼女はまさに妙齢って感じです。去年の見世物小屋のヘビ女は引退したと風の噂に聞きました。もしかしたら彼女があとつぎなんでしょうか。取り出したボールチェーンをどうするんでしょうか。うげ、鼻の中に入れ...

靖国神社の見世物小屋1

はい、それでは本番です。お祭りといえば屋台、屋台といえば食べ物だけじゃありません。金魚すくい、お化け屋敷、輪投げに射的、コリントゲーム。そして数は少なくなりましたが、見世物小屋ってのもかつては定番だったようです。つのだ☆ひろやマジックには違和感がありますが、盆踊りや見世物小屋という江戸時代(またはそれ以前?)から伝わるものについては、いくら内容がいかがわしくても全然違和感はありませんね。それでは見...

靖国神社へみたままつりをみにいく4

さて拝殿へと参りましょう。拝殿のところには御神輿がいました。右折すると能楽堂が見えてきました。雅楽が催されています。しばらくすると選手交代。マジックが始まりました。実はつのだ☆ひろのライブも数日前、行われました。武道館でビートルズがライブが開かれるというとき、巨人のオーナー正力松太郎が反対しました。246万柱のみたまとともにある靖国がとなりにあるからです。今回は境内、奉納のための芸です。タキシード...

靖国神社へみたままつりをみにいく3

みたままつりの開催中、外人さんもおおかったですね。韓国語もそこここから聞こえてきました。屋台もインド、トルコ、ドイツ料理など国際的でした。しかし中華や韓国ものは他の寺社の縁日よりは少なく、すみずみ探してみつけたのはここ一軒だけでした。ひとつ注文しつつ、さりげなく聞いてみました。「ここって以前からやってるんですか?」「毎年やってます」へ!!ちょっとびっくりしました。ところでこの提灯、よーく観てみると...

靖国神社へみたままつりをみにいく2

8月15日や平日と違うのは若者の多さです。ここにも。ここにも。ここにも平均年齢でいうと30歳ぐらい違うような気がしました。...

靖国神社へみたままつりをみにいく1

靖国神社はさまざまな顔を持ちます。A級戦犯が祀られている靖国、一般の戦没者が祀られている靖国、皇国史観に基づいた展示が並ぶ遊就館を持つ靖国。都心の散歩コースに最適な靖国、中韓を含めた諸外国からの観光客が集う靖国、バイク便ライダーやタクシードライバーの客待ち・休憩所に使われている靖国。8月15日には戦没者に黙祷をささげ、かつての兵士たちがささやかな同期会をひらきます。そのまわりでは右翼が街宣車でがな...

石田長生さんバースディライブ

15年前、神戸のライブハウス、チキンジョージでバイトしていました。当時よく出ていたのは憂歌団や上田正樹、そして石田長生さんです。先々月の沖ノ鳥島取材の帰り、おがさわら丸から降りた浜松町駅で、先月は硫黄島取材の帰りのおがさわら丸の船内で。石田さんにお会いしました。ちかごろ小笠原にに毎月のように通っているんだそうです。「チキンやめて、今なにしてんの?」「ライターやってます。でこんな本出してます」と拙著...

帰宅途中

今、帰宅中。9時前に着いたのにまだ電車の中です。成田空港は遠すぎ。それにしても今回は慌ただしすぎました。仕事の収穫はあったものの旅としての印象は薄かったですね。...

原住民の村へ

台北の宿に4泊分払っておいたんですが、昨日はもどれず、山の中で1泊しました。で今朝原住民の村へスクーターでたずねてました。あした台北に戻ります。...

昨日は台北をまわってました

朝洗濯して昼近くになってでましたが、5つの物件をまわることが出来ました。昭和天皇が入った温泉、水道局、大学、神社跡など。今日は東北部に行って来ます。...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。