Entries

スポンサーサイト

耐震偽造問題についておとんに訊いてみた

実家に帰ってます。うち、建設の基礎工事の会社やってまして(末端ですけど)、社長であるおとんに今回の問題について夕食の際、いくつか訊いてみました。--今回の事件、鳥インフルエンザとか狂牛病とかつながってるような気がするんやけど?そりゃそうやで。でも今回の問題、徹底的に調べたら日本中みんなクロになるで。--うちはどうなん?うちは基礎工事やからな。一番最初の工程や。杭打ってコンクリ流すんや。杭の数とか一...

11月の掲示板

新刊の発売日が決まり次第、ここに書きます。よろしくお願いします。11/21 新刊のタイトル決まりました。「写真で読む 僕の見た「大日本帝国」」です。11/22 18万HIT達成。ありがとうございました。...

アスベスト、耐震偽造、鳥インフルエンザの根っこは?

アスベスト、耐震偽造問題と何で今さらということが問題になっている。小学校の体育館の天井は当たり前のようにアスベストだったし、耐震性ってことでいえば今住んでるところなんて築45年の木造アパートだから耐震性なんてなきに等しい。少し気にはなるけど、どちらの問題も解決しなくても個人的には特に問題ない。よくわからないですが、こうしたことが問題となるいちばんの原因は政治なんでしょう?構造改革の流れですか?鳥イ...

イトカワイトカワイトカワ

はやぶさ、2度目の着陸に成功 試料採取もほぼ確実2005年11月26日13時10分 地球から約3億キロ離れた小惑星イトカワへの着陸を目指していた探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は26日朝、「2度目の着陸に成功した」と発表した。重要な目的だった表面からの試料採取も「ほぼ確実」としている。試料採取装置が正常に作動したことは確認された。月以外の天体に着陸し、地球への持ち帰りを目的に試料採取するのは、...

2005ボジョレーと上海小吃その2

上海蟹1上海蟹2羊肉鍋。このくさみが好きなんです。去年気になっていた謎の扉は開け放たれていました。謎のクラブは引き払ったようです。...

2005ボジョレーと上海小吃その1

遅れましたが11/21のイベントの続きです。新宿歌舞伎町の裏通り、上海小吃にやってきました。これがボジョレー。相変わらず軽い。深みなんてあるはずがない。まあでもパァッと騒ぐにはちょうどこのぐらいの軽さがいいような気がするな。去年との違い?わかりません。鳩ヘビスッポンと田ウナギと上海蟹とカエル。レンゲで持ち上げているのはスッポン。ゼラチン質がなんとも美味でした。フカヒレのような歯触りでしょうか。...

今日も

つながらない。これも何かのイベントかもな。...

新刊のオビに載るテキストです

新刊について、タイトル他、ぽつぽつ決まってきたことを発表します。『写真で読む 僕の見た「大日本帝国」』情報センター出版局定価(本体価格1600円+税)・オビ表1未公開写真=約400点から、教わらなかった歴史のリアルが浮かび上がる最新書き下ろしSpecial Edition!(注・ルビ「スペシャル エディション」)歴史には、触れてはいけない禁忌(注・ルビ「タブー」)などない。右も左も関係なく、日本人として、ただ「事実...

小雪太夫の正体(2005新宿花園神社・酉の市・見世物小屋その2)

去年つとめていたおみねさんにかわり、ヘビ女として芸を披露していたのは小雪太夫(19歳)でした。福岡の興行の際、新聞に取り上げられたようです。実はこの小雪太夫、夏に見てるんですよね。靖国神社で。みたま祭りに出ていた見世物小屋で。このときは写真取り放題、というかどんどん撮ってねーって小雪太夫が言ってました。これとその下の写真は夏に撮った写真です。でその小雪太夫なんですが、調べてみたら正体がわかりました...

2005新宿花園神社・酉の市・見世物小屋その1

去年に続き、今年も新宿花園神社でやっている酉の市に行き、見世物小屋を見てきました。せっかくなので今年は熊手を買いました。まったく同じ業者の同じ小屋でした。同じおばさんが同じ口上を述べていました。おばさんがおもむろにヘビをつかみます。おばさんがステージの方にヘビを渡します。おっと、どこかで見たことのある顔が…。(つづく)...

新刊のタイトル

本のタイトル決まりました。「写真で読む 僕の見た「大日本帝国」」です。...

新刊のタイトルが今日決まります

「僕の見た「大日本帝国」」のビジュアル版がまもなく出版されるのですが、今日、そのタイトルが正式決定します。午後9時ごろの予定です。決まり次第、リアルタイムでアップします。...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。