Entries

スポンサーサイト

3月

3/12 22万HIT突破。ご注目ありがとうございます。...

ストーンズと僕の16年 その3

いくらミックがキレのある動きをしていても、観客も16年前と同じ、というわけにはいきません。ブラウンシュガーという曲で「I say yeahyeahyeah foo」とかいうフレーズがあり、そこで前回はドーム全体が地鳴りを起こすように観客ほとんどがジャンプしたはずですが、今回見た限り、ジャンプしている人はいないようでした。単に手を挙げるだけ。手拍子にしても観客全員が一体化するような熱はありません。ステージが一通り終わり、...

ストーンズと僕の16年 その2

その後、上京し、就職して1年しないうちに辞め、外国や国内あちこちに行き、本を何冊か出し、今に至ります。今回の来日。早くから公演予定を知っていましたが、チケットを求めることはありませんでした。ミックが公演中に日本語で言っていた「今日は25回目ですー」との言葉の通り、16年の間に何度か来日し、その都度何度も公演し、金曜で25回目だったのです。ストーンズの来日公演自体、特に珍しいものではなくなりました。...

ストーンズと僕の16年 その1

金曜日、知り合いからお誘いがありました。ローリング・ストーンズ公演を見に行かないかと。とあるツテから招待されたそうで、僕も誘ってくれたというわけです。東京ドーム。ステージ上に6階建てのビルが建ち、そのビルのベランダが僕らの観賞スペース。その場所、他国では販売されている席だそうでアメリカでは600ドルもするのだとか。日本では消防法により客席として認められないそうで。16年ぶりでしょうか。ストーンズの...

WBC優勝と日の丸君が代

WBCは日本がキューバを撃破し優勝するという予想だにしなかった結果に終わりました。ドミニカやベネズエラなどキューバ以外の中南米地域のチームと対戦がなかったことは不満です。このあとペナントレースが始まるわけですが、何を今さらと思えてしまいます。近年の和製大リーガーの活躍で国内のペナントレースが色あせて見えていたのですが、今年はWBCが盛り上がったため、より一層そう思えます。サッカーにしてもそうですが...

大人用紙おむつを履いて思ったこと

大人用の紙おむつをはいてみた。最近、毎日通っているホームヘルパー講座の宿題だ。僕が最近ブログを放置してしまっているのはまとまった文章のみ書きたい、という気持ちが強いのが一番の理由だけど、毎日ヘルパー講座を受けに学校に通っているからという理由もある。CMで見たことはあったが実物を手にしたことは初めてだった。おむつというと赤ちゃんが履く物だという固定概念がぬぐえない。形状はやはり紙おむつ。軽い。だが、...

アマゾンで3位と4位に

とはいっても、総合ランキングではありません。アマゾンのジャンル別ランキング、歴史・地理にて新刊が3位、前刊が4位(各午後4時47分時点)となったんです。画像なので大きさの違いはわかりませんが、オビが全然違いますよね。なおそれぞれの総合順位ですが新刊は87位、前刊は202位でした。アマゾンの広告だけではなく、雑誌で紹介されはじめたことがジワジワ効いているのでしょう。店頭に並んでいる「SAPIO」(3...

新刊効果

昨日3/6の0時よりアマゾン日本版の書籍トップページで新刊『写真で読む僕の見た「大日本帝国」』の広告が始まりました。その効果でしょう。新刊がベスト100入り(8時40分現在76位)、それとともに『僕の見た「大日本帝国」』もベスト1000位入り(同672位)しました。画像はベスト100。「生協の白石さん」よりも上です。午後3時点で新刊は50位。午後5時50分時点で「僕の見た~」は263位。...

誕生日に思う

先週末、とある友人の家に行った。当初、新宿で会う予定だったのだが、お宅に誘われ、そちらに伺うことにした。彼の奥さんが僕に会いたがってくれていたのだ。 前回、彼と会ったのは去年の11月ごろ、新宿歌舞伎町のとあるバーでだった。彼の隣りにいた奥さんはその場で産気づいてもおかしくないぐらいにお腹が大きく、妊娠しているということが一目でわかった。 今回お宅で迎えてくれた奥さんのお腹はすっかりしぼんでいた。そ...

出版記念飲み会に来ていただいた皆様へ

昨日行なわれた出版記念飲み会ですが、盛況でした。参加者数63人、当日売れた拙著44冊(スタッフ、持参くださった方は除く)でした。貴重な時間をこの会のために割き、御足労くださった参加者の皆様には深く御礼申し上げます。心残りといえば皆様とゆっくりお話ができなかったことですが、それぞれ個別にコミュニケーションがとれればと思います。今後、読書の感想をぜひお寄せくだされば幸いです。また、1時間ほど無料で延長...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。