Entries

スポンサーサイト

6月

年末出版予定の本をぼちぼち書き出したり、テーマについてあれこれ調査したり。ときどき依頼がくる原稿を書き上げたり。以前のように仕事がとぎれることがなくなってきて、何かと忙しい日々を過ごしています。とてもありがたいことです。みなさんはいかがお過ごしですか?6/29 25万HIT達成、「文藝春秋8月臨時増刊号特別版~私が愛する日本」に「「大日本帝国」の記憶」が掲載されました。...

「党の胸に抱かれて幸せに暮らしてきた」

2002年、平壌に行ったとき、日本語の本をいくつか買いました。「朝鮮概観」「平壌概観」といった北朝鮮による地理・歴史を概説した本です。これらの本はプロパガンダ臭がプンプンします。「我が共和国がいかに素晴らしい国なのか」を誇らしげに、これでもかというぐらいに語ります。印象に残ったのは、日本からの帰国事業と朝鮮戦争後、捕虜となった元兵士の北朝鮮への送還についての説明です。どちらも、「党の胸に抱かれて幸...

いきなり依存症

やることが山積みだというのに、いきなりネット依存症です。二週間ほとんどパソコンを使わず、日の光を浴び、とても健康的に生活していたのだけど、元の木阿弥に戻りつつあります。ネットばかりやって後悔の中で夜になり、おまけに極度の空腹。なんとか外に這い出しますがうまく会話ができません。そんなことは今まで何度もありました。昨日はまだ昼でしたが、ご飯を食べるために外に出て、スーパーで店員と会話をすると、うまく言...

いきなり依存症

やることが山積みだというのに、いきなりネット依存症です。二週間ほとんどパソコンを使わず、日の光を浴び、とても健康的に生活していたのだけど、元の木阿弥に戻りつつあります。ネットばかりやって後悔の中で夜になり、おまけに極度の空腹。なんとか外に這い出しますがうまく会話ができません。そんなことは今まで何度もありました。昨日はまだ昼でしたが、ご飯を食べるために外に出て、スーパーで店員と会話をすると、うまく言...

雀の交尾

最寄りの駅から家まで歩いている途中、頭上から聞き覚えのない鳥の鳴き声が聞こえてきました。ひよこに似たピヨピヨピヨという声なのですが、せっぱ詰まったような早口です。その鳴き声にチュチュチュチュという雀の鳴き声が絡みます。なんだろうと思って見上げると電線の上に雀が二羽いました。メスらしき雀がチュチュと鳴き、隣りの電線にうつると、オスらしき雀が追います。オスはさらにせっぱ詰まったかのように先ほどよりも早...

韓国人のいいかげんさ

韓国人のいいかげんさに今まで振り回されて来ました。韓国へ行こうと思って日程を組んだときもそうでした。ワールドカップだからということで翌日いきなり船が欠航になったり、それどころかやはり突然一ヵ月休航になったり。几帳面な人も多いですが、総体的に日本よりはずっといいかげんな印象です。「ケンチャナヨ」(気にすんな)で片づけられることがいかに多いことか。例えば、ソウルに住む友人宅のドアはわくが歪んでいます。...

使い続けた物にまつわる記憶 その3

そして翌日、再びフジヤカメラにやってきた、前日売らなかった別の機材を持ってきた。往年の名メーカー、コニカによる名機種ヘキサー。もう一つは4年前に買ったコンパクトのデジカメ。パナソニックのルミックス。どちらも使いに使い込んだ。ヘキサーは僕が駆け出しだった10年ぐらい前に手に入れた。当時しごいてくれた先輩カメラマンに勧められて買ったものだ。当時5万円ほどで買ったと思う。多く見積もっても10万円はしなか...

使い続けた物にまつわる記憶 その2

一方、僕の目であり、記憶を補助し、表現をしてくれる、パソコン並みに僕の体の一部となっているもの。それがカメラだ。日本津々浦々、そして世界中に出かけたときの瞬間瞬間を切り取る。メモ変わりに写真を撮る。撮ったものを整理し、文章と組み合わせて表現する。カメラなくしては僕の今までの行動は語れないし、カメラを持って行かなかった旅はない。撮影が禁止されていたタリバーン政権下のアフガニスタンでさえ、カメラを手放...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。