Entries

スポンサーサイト

12月

年末ですね。皆さんは今年いかがでしたか?12/9 「本が好き!」(光文社)2007年1月号の『45人が勧める今年読んだ「最高の一冊」』にて芥川賞作家の伊藤たかみさんが、『写真で読む 僕の見た「大日本帝国」』を取り上げてくれました。12/12 「サンデー毎日」の前半カラーグラビアの根室特集に僕の顔写真が掲載されます。年内刊行を目指していた国境ルポですが、取材が遅れていまして、出版はまだまだ先となりそうです。...

JBのサイン

サイン会ですが『I'm Back』発表時の日本ツアーの途中でのことのようです。1998年12月6日ごろタワーレコード新宿店にて。あれあれ、もっと前のことのように思っていたのですがね。サインには「Thanks」「James Brown」「I feel good」と書いてあるのが確認できます。左のブックレットに書いてある文字はなんて書いてあるのかよくわかりませんが。...

終電後、タクシーで銭湯へ

川崎でペルー料理を食べ、一足早いクリスマスプレゼントをもらい、そのあと「硫黄島からの手紙」という映画を見た。映画は20:45からで、終わったときは11時をとっくに過ぎていた。終電までおしゃべりをして帰った。0:16分発東海道線品川行きの最終電車。品川からは山手線で新宿まで出て、そこから乗り継ぐ予定だったが、間違って内回りの電車に乗ってしまっていた。「そろそろ渋谷か」と停車時に外を見て駅名を確認した。す...

ニヤゾフ逝去

最近はなんでもテーマで旅をするようになったから、突発的にどこかへ行くことがなくなった。だけど、もう少し思いつきでどこかへ行っておけばよかったって、このニュースを聞いて激しく後悔した。北朝鮮の金正日級の独裁者、トルクメニスタンの終身大統領であるニヤゾフ大統領が亡くなったのだ。この国にはそのうち行こうと思っていたのに。謎の永世中立国、中央アジアの北朝鮮であるこの国に。お悔やみ申し上げます。国葬の取材に...

ファミレスの月間指定席

なんてものがあればいいなとたまに夢想する。ドリンクバー付で月に2万円とかで。人目のない自宅だとリラックスしすぎて原稿のペースがとても悪い。一方、ファミレスの適度な騒音は作業がとてもはかどる。おなかがすけば注文すればいいし。客の回転率考えたら、実現性は低いけどね。それにファミレス、単価高いからエンゲル係数がかなり高くなってしまうし。…ってわけでファミレス月間指定席は諦めて、以前通っていた自習室に今日...

氷川丸と平安丸

今年いっぱいで営業終了だというので、横浜の山下公園前に係留されている氷川丸を見に行った。昭和5年に建造され、完成後すぐシアトル航路に投入されたが、戦時中は船体を塗り替えられ病院船として、終戦直後は引き揚げ用に利用され、昭和35年の引退後はユースホステルや豪華客船体験アミューズメント博物館として余生を過ごしてきた。その氷川丸には姉妹船がある。日枝丸と平安丸だ。三隻ともシアトル航路に利用されていたが、...

マグロの卵

昨日、寿司を食べていて「そう言えばマグロの卵ってみたことがない」とふと思った。マグロといえばクロマグロのことをさす。大きいのになると800キロにもなる。泳いでいないと死ぬ、というのは知っていた。夏に葛西臨海公園で実物を見て、泳ぎの速さに驚嘆した。だけど、そもそもどうやってマグロは生まれるのか、ということに関しては考えたことすらなかった。寿司屋に行けば毎回のようにマグロを食べているのに。魚だから卵の...

即断即決は大事

大人気のレンズがある。ニコン製のニコン用。AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)というレンズ。最近このレンズとD200のおかげでキャノンの一人勝ちだった市場のシェアを少し巻き返したようだ。まさに起死回生のレンズ。キャノンはこのタイプのレンズをまだ出していない。約11倍の高倍率ズームと強力な手ぶれ防止機能を備えたとても使えるもの。逆にこればかり使ってたら撮影技術が衰えるだろうし、高倍率だ...

今年も酉の市に行って参りました。3

----------...

今年も酉の市に行って参りました。2

----------...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。