Entries

スポンサーサイト

民族博物館

運転手は民族博物館に我々を案内します。この手の博物館ではたいていガイドがつきます。「金持ちの道具はこれ、貧しい人たちのはこれ」と説明してくれます。臼をひいたりもしてくれます。さまざまな部屋がありました。これは女性用のベールでしょう。...

山のクルヤ

山の中腹にあるクルヤという観光地に来ました。城があります。眺めがとてもいい。……...

ジョージ・W・ブッシュという名のバー・カフェ

翌日、ティラナから遠出しました。この日は西へ。モンテネグロとの国境を目指します。運転手と車つき。一日で80ユーロぐらいでしょうか。マザー・テレサの像を見かけます。空港です。マザー・テレサはマケドニア出身のアルバニア人。社会主義政権が倒れたあと、アルバニアを訪れたことがあります。ガソリンスタンド。1リットル140レク(182円)もします。日本よりも高いのです。クルヤという山腹に広がる古都を目指してい...

ラマダーンとアルバニア

午後、いっしょについてきてくれたバルダは敬虔なムスリムです。アメリカの大学に通い、そのころムスリムとしての自分に目覚めました。彼女のいってたころは同時多発テロがあったころですから、あの事件とそれによる世界の激動というものが強く影響しているのでしょう。祖国に帰ってきた後、ムスリムとしての規律を生活の中に取り入れていきます。日々のお祈りやラマダーン。ラマダーンの期間、ムスリムは日が出ている間、飲食を行...

ティラナ国立歴史博物館

ティラナの中心にある博物館に入ります。入り口にあるこのモザイク画。この絵を描いた技師は報酬として15ドルしかもらえなかったとか。古代から第二次大戦後まで詳しく展示されていました。かなり見応えがあります。この国がいかに他国の影響を受け続けて来たのかがわかりました。独立のため戦った人たちの展示は社会主義時代も変わりないでしょうが、その時代はホッジャ時代の過酷な生活、なんていうコーナーはなかったはずです。...

独裁者ホッジャの遺跡

アルバニアには独裁者が君臨していました。エンベル・ホッジャです。くわしくはここを読んでください。90年代初め、社会主義政権が政権の座から滑り落ちたとき、若者たちが立ち上がりました。ソ連のレーニン像、イラクのフセイン像のようにホッジャ像も倒されました。ティラナの中心部、スカンデルベグ広場のホッジャ像もそうです。写真はホッジャ像のあった場所です。タイルが剥げているところがそうです。僕らはこの日、ガイド...

ティラナの人びと

テコンドーをしています女兵士バスの車内携帯電話ジプシー(ロマ)。歩いていると子供が膝にタックルしてきました。...

モスクの風景

きのう紹介したモスクの中に入ってみます。妻は渡されたスカーフをかぶります。入るとイマームが中にいました。社会主義の時代、彼らは心の中で祈ることしかできなかったそうです。宗教弾圧のためです。モスクや教会の壁画は破壊され、牧師は労働者として工場に送られました。18世紀に建てられたこの建物は幸い破壊されなかったようです。ガイドに聞くと「文化財なので当然だよ。なんで壊す必要があるんだ」とのこと。他の場所で...

ティラナを歩く2

モスクがあります。この国、世界初の無神論国家を標榜していただけあって無宗教の人が多いようです。宗教を信じている人に限れば7割がムスリムだそうです。世界にはびこるニセミッキー広場に面したところに官庁街がありました。ムッソリーニが占領していた時代に建てられた建物だそうです。ちゃんと信号があるのに警官が交通整理をしています。自動車も歩行者も信号をあまり信用していないんです。横断歩道は冷や冷やです。泊まり...

ティラナを歩く1

ティラナ駅を出ます。街を歩いてみましょう街はこぢんまりして汚いですが、人の身なりはヨーロッパですね。やはり。ピタパンのようなものも売っています。広場にやってきました。ここがティラナのへそのようです。...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。