Entries

スポンサーサイト

エチオピアへ出発/読んだ本と読む本

今日の夕方、出発します。東京の羽田空港を出発し、エミレーツの国内線で関西空港へ。関空からドバイへ飛び、エチオピアに到着するのは現地時間で18日の昼前(日本だと夕方)です。 今日をもって今年の作業はおしまい。一足早く2008年を終えるようなものです。そのため、今日という日が近づけば近づくほど、立て込んできていました。そんなわけで、ぎりぎりまで仕事をしていました。最後の仕事はつい先ほどになってようやく...

月刊プレイボーイと月刊現代の廃刊について思うこと

発売中の「月刊プレイボーイ」「月刊現代」を一昨日書店で見かけた。現在出ている号でどちらも廃刊なのだそうだ。僕自身はなんのセンチメンタルも感じない。一度もからんだことがないし、愛読していたわけではないからだ。今回の廃刊は当然だと思う。時代の変化についていかずに旧態依然としたやり方を続けたのだから。インターネットが出始めた90年代半ば、早々に雑誌メディアが駆逐されるのではないかと僕は思っていた。むしろ...

篤姫最終回と2001年宇宙の旅

篤姫の最終回を見た。大河ドラマを一年を通してほぼすべて見たのは初めてだった。ハグしたり、好きだと告白したり。当時使われていたのか首をかしげてしまうような単語が頻発したり。2008年の価値観でとらえた幕末という感じで不自然なところが多かったが、何より宮崎あおいの演技がよかったし、女から見た幕末という視点が新鮮だった。それにしても今日の最終回、まるで「2001年宇宙の旅」の最終シーンみたいだった。どん...

紙一重のタイミング

バンコクの反政府勢力による空港占拠が終わったかと思うと、次はギリシアで暴動が起こり、まだ続いているようだ。17日からエチオピアに行く。アラブ首長国連邦のドバイ経由の便を押さえたのだけど、バンコク経由という選択も検討していた。もう少し空港占拠が長引いた上、バンコク経由という選択をしていたら…。旅行計画を見直さなくてはならなかったかもしれない。実際、知り合いのアフロあきらという奴が11月末にバンコク経...

調査船が接近して悔しい思いをした人たち

数日前、日本の領海内、魚釣島のすぐそばにまで中国の調査船がやってきたという。中国の調査船の写真を見て驚いたのが、日本の海上保安庁の巡視船と見た目がそっくりだということだ。このぐらい大きな船に体当たりしたり、放水銃で実力行使できるのだろうか。そうでなくても海上保安庁は資金難で新造船が造れなくて困っているというのに。変に実力行使して中国を敵に回すよりは静観していた方がいいと官邸レベルでは判断したんだろ...

人間60年ジュリー祭りに行く

コンサートがあったのが先週の水曜日だから、もう8日も前になる。ジュリーこと沢田研二の歌っている姿を見るために、12/3の午後、水道橋の東京ドームへ行った。一緒に行った友人も僕も30代だったが、その年代の観客はごく少数で、大半は50代から60代のおばさんだった。彼女たちはかつてジュリーに首っ丈の青春時代を過ごしたのだろう。ジュリーは国民的なスターである。観客が団塊の世代のおばさんばかりというのはいか...

移動する祝日

アフリカ大陸の歴史は植民地の歴史といえると思う。ほとんどの国がヨーロッパ各国の植民地に転落した経験を持っているからだ。 植民地になったことがない唯一の例外が、アフリカ大陸中部に位置するエチオピアという国だ。かつて王制が敷かれていたこの国はアフリカ随一の親日国で、日本とは何かと縁がある。 高知県にエチオピア饅頭というものが売られていたり、シマガツオの別名がエチオピアだったり。現在の天皇・皇后陛下の新婚...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。