Entries

スポンサーサイト

日々毒を喰らっているのかも、と思った瞬間

先週の金曜夜、知り合いの講演会を見に行った。 夕食を食べずに会場のあるスポーツセンターに駆けつけた。 腹が減って仕方ないので、会場になっている部屋に入る前に少し腹ごしらえすることにした。 コンビニに入り、クロワッサンメロンを買って、会場の部屋の外でかじりついた。 さくっとした歯触りはなかなかだった。 だけど、パン生地が舌に触れたとき吐き出しそうになった。 微妙に舌がしびれる。 我慢して飲み込むと、つんと...

蜂蜜酒を試飲

酵母が蜂蜜を日々食っていき、三日目には薄黄色の液体となりました。 ずっと発酵し続けていたようで、ペットボトルに移し替えて栓をし、数時間たってから、栓を開けるとブシュッと音がしました。 口をつけると、香ばしいにおいが口の中に広がります。ほのかに苦くて甘い味です。飲み込むと、炭酸ジュースのようなシュワシュワとしたのどごしでした。 とても美味です。昨日、会っていた友人たちにも振る舞ったのですが、大好評。作...

蜂蜜酒のようなものをつくる

エチオピアに行って一番おいしかった飲み物が蜂蜜酒「タッジ」です。 蜂蜜の産地、ラリベラには、この飲み物を飲ませる酒場(タッジ・ベット)がいくつかありました。写真はその一つ。左にいるのは乞食。邪険には扱われますが、無視はされません。楽器を持っているのがアズマリという流しの歌手です。 あまりにおいしかったので家でも作ってみることにしました。 余ったベトナム産の蜂蜜を倍のぬるま湯で溶き、小さじ一杯の酵母を...

ページに穴を空けられて「得」をする?

昨日、大きな封筒が送られてきた。差出人は「野宿野郎」編集長、加藤千晶。「野宿野郎」とは彼女の主宰しているミニコミ雑誌だ。 インタビューのため、加藤さんが僕の作業場に来たのは、もう一年近く前のことだ。僕は彼女にトイレ野宿の経験について話をした。その後の9月、僕のインタビュー記事が掲載されないまま、「トイレ野宿の世界」特集号が発売された。それ以後、彼女は僕に会うたびに「すいませんすいません」と恐縮した...

オバマとエチオピア

深夜、オバマ氏がいよいよ大統領に就任するそうですね。オバマ氏の大統領就任を記念して、今回は彼に関する話を披露してみます。年末に行ったエチオピア、オバマ人気で盛り上がっていました。行く先々で「オバマを知ってるか?」と英語で聞かれたり、Tシャツにバッグ、絵はがきと関連グッズを目にしました。また、一家の写真が入ったステッカーを貼っているトレーラー、果てはOBAMAとペイントしてしまった乗用車まで見ました。「...

エチオピア旅行に出発してから一ヶ月

出発したのが12/17でしたから出発してからすでに1ヶ月以上がたってしまったことになります。 詳しくは追々、写真を交えて発表していきます。今回はちょっとした報告です。 ○印象的だったこと ・到着直後におそわれた高山病 ・原始時代さながらの暮らしをしている人々 ・動物園のような南部の幹線道路 ・衣食が足りていない本当の貧困 ・独特の信仰が残るご当地のキリスト教 などでしょうか。 ○食と健康 これを機に体の抵抗力...

聖教新聞のバランス感覚

拙著「誰も国境を知らない」が1/14、聖教新聞の読書欄に紹介された。聖教新聞は創価学会が発行している新聞である。いろいろなメディアにとりあげられ、ありがたいと思う。書評欄を読み、紹介されようを知り、なるほどなあとうなってしまった。今回の主題は僕の書評から見えるものについての話。書評の文章を読むと、竹島について触れている文がいくつかあることに気がつく。ほとんどは「竹島」となっていたのだけど、その最初...

年末年始の掲載情報

「誰も国境を知らない」関係ではない、それ以外の仕事です。 12/25 共同通信社系の地方紙に僕の書いた書評が配信開始されました。取り上げた本は沢木耕太郎・著「旅する力」です。 97年に出した処女作が「深夜特急」ブームに便乗した本だったので、ゆかりを感じます。 この本の中で沢木さんは猿岩石に触れています。この本が出る年末頃から元猿岩石の有吉がブレイクしだしたようです。こうした状況はちょっと皮肉ですね。 ...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。