Entries

スポンサーサイト

サンタナの家来 そして弟子

ここ数ヶ月の間、サンタナにはまっている。車の名前ではない。カルロス・サンタナをリーダーとするバンドのことである。仕事場ではサンタナのアルバムばかり、それこそ一日中かけている日もある。「ロータスの伝説」(横尾忠則の22面体ジャケット!)というライブ・アルバムははまる前からの愛聴版で、数ヶ月に一回ぐらいは聴いていたが、はまるほどではなかった。「ブラック・マジック・ウーマン」や「哀愁のヨーロッパ」とはま...

「楢山節考」を見る2 神と殺人

この物語は日本各地に残る姥捨山伝説を元にしている。舞台となる村は標高1000メートルの貧しい寒村。生き抜いて、子から孫へと命をつないでいくために村人たちは妥協しない。一人増えれば一人がコミュニティから退場させられる。親族が老人を山の中に連れて行くという方法が取られるのだ。また、この村では禁忌を犯せば、リンチを受けたり、生き埋めにされたりもする。今の法律に照らせば、どちらも犯罪行為ということになる。...

「楢山節考」を見る1 作られた日本国民

深沢七郎原作、今村昌平監督の映画「楢山節考」を先ほど見終わった。昔の日本人は自然と格闘してぎりぎりのところで生きていた。そのことがなんとなく想像できる貧しい村人たちの描写が衝撃的。自然と共存するというより、自然の猛威に負けぬよう必死になって、世代をつないできたということなのだろう。現在の日本人は彼らとまるで違う生活をしている。自然は猛威でも何でもなくなってしまった。人知の及ばぬ領域というものを理解...

VAIO Xが届いた2  横綱と新旧交代

続きを記す。買ったパソコンのスペックは次の通り。VAIO X (VPCX11AKJ)OS:WINDOWS 7(Home Premium)CPU:Atom Z550 (2.00GHz)メモリー:2GBSSD128GBワイヤレスLAN&ワイヤレスWAN搭載Lバッテリー&Xバッテリー10年ぐらい前、野外持ち出し用のパソコンにモバイルギアー(略称:モバギ)を使っていた。単三電池2本とバックアップ用のボタン電池で連続約30時間使えた。当時のあてどない放浪旅行。日々のこまごまの大部分をこの機械に...

VAIO Xが届いた1 テロのような到着

1月7日に注文したVAIO Xが今日、突然届いた。昨夜、「発送が完了」を知らせるメールが僕宛に送られていたのだけど、そのメールに気がついたのは今朝になってから。だから抜き打ちで届いたようなものだ。予定では2月上旬配送となっていたから、予想よりも一週間ばかり到着が早く、その点ではうれしいサプライズだった。箱を開けるとさらにその中に箱が入っていた。その箱を開けると本体が現れた。持ち上げてみる。Lバッテリー(...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。