Entries

スポンサーサイト

kindle2(キンドル2)を手に入れる

2/1のイベント当日、スピーカーの仲俣暁生さん(文芸評論家・フリー編集者)にkindle2を見せてもらう機会があった。好意に甘え、触らせてもらった。 紙と液晶の中間といった見栄えの電子インクのディスプレイはやはりとっても見やすい。画面の切り替えはそこそこ早く、ストレスは感じない。 彼のkindle2には「ドグラ・マグラ」(夢野久作)が入っていた。著作権の切れた書籍が数千冊アップロードされている青空文庫から引っ張っ...

連載の第四回目が掲載されました。

拙著「僕の見た「大日本帝国」」は日本の旧植民地を巡る旅をまとめたもの。 その本を書くために各地をまわり、日本のあしあとを確認していった。 旅の途中で、もたげた疑問がある。 かつてその場所に住んでいた日本人がどこへ行ったのか、ということだ。 彼ら日本人のことを物語として描くために、舞台と世代を絞った。 日本海軍の要港があった朝鮮南部の町、鎮海。その地に生まれ育った昭和一ケタ世代のことを描いてみる。 彼ら一...

kindle2日本語版が今年出ない理由

日本国内で電子ブックリーダーが普及するにはまだ時間がかかるだろう。 ハードの技術が優れているだけでは普及しない。アメリカでアマゾンキンドルやソニー・リーダーが支持を受けたのはソフト面、通信面でのインフラを整えることに成功したからだ。 かつてソニーやパナソニックが電子ブックリーダーを日本で発売したがまったく売れずに撤退した。本を買うためのインフラ整備ができなかったことが撤退の原因だろう。電子書籍をかん...

イベント「2010年代の出版を考える」に行ってきた

少し前の話になるが、2月1日に阿佐ヶ谷ロフトAで行われたイベント「2010年代の出版を考える」に行ってきた。僕が敬愛する仲俣暁生さん(文芸評論家・フリー編集者)もスピーカー。彼に久々に会いたかったし、それになによりテーマに興味があった。 会場は超満員。140人ぐらい。入りきれない人すらいた。参加者の大半は出版社の人。ライターは僕や仲俣さんを含め6、7人しかいなかった。 トークは3時間以上にわたった。話題...

岩手の北部

2010年2月、二泊三日で行ってきた岩手北部の厳寒期ツアーの写真です。主催は毎週野菜などを取り寄せてる大地を守る会。かんじきを履いてウサギ狩りについていったり、短角牛の牧場を訪問したり。熊汁や小正月料理を食べたりと本物を極めるツアーだった。カメラは3台。newFM2、マリンパックで覆ったコンパクトデジカメ、D90(GP-1付き)。マイナス15℃前後の吹雪の中、マニュアル機はやはり役に立った。場所はこのあたり(泊まった...

乱丁・落丁本の対応に透けてみえる出版社の社風

ここ4、5年、amazonをはじめとするネット書店で本を買うことが多くなった。 実物を見ないまま購入することはリスクを伴う。 送付する本のタイトルは選べるが、本の状態を確認することはできないのだ。 昨年、乱丁・落丁本という貧乏くじを2度も引いてしまった。ツルゲーネフ・著 「はつ恋」 宮本 雅史・著「対馬が危ない―対馬を席巻する韓国資本」 である。 前者は最後の10ページが最初からなかった。致命的な状態の悪さに唖...

立松和平さんのこと

15年ほど前、ピースボートに乗った。 そのころの僕は会社を辞めたばかりの無職。 不安よりも希望に満ちあふれていた。 東京から東京まで。 西回り84日間で地球を一周した。 和平さんは水先案内人(ボランティアのゲスト)として、東京から乗船した。 そのころ彼はすでに有名な作家だった。 有名作家というからには身なりもちゃんとしているはずという固定概念がそれまでの僕にはあった。しかし和平さんの身なりは僕の思い込み...

久々のフィルム撮影

最後にフィルムで撮影したのはいつだろうか。もしかすると5年以上前かも知れない。防湿箱にしまっておいたマニュアル機newFM-2をこのたび引っ張り出すことにしたのは特殊な環境で撮影することになったからだ。現地の気温は現在マイナス10℃。雪山の中をかんじきを履いて歩く。10年前に冬の北海道バイク旅でメイン機として使いまくったカメラ。寒冷地でも問題なく動くのは証明済み。135mmF2.8に1.4倍テレプレスをつけて、ウサギ...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。