Entries

スポンサーサイト

リンクを追加しました

4年前、小笠原取材の帰りの船で知り合った弁護士、(僕の勘違いでした。失礼いたしました)、法学・島嶼学・人類学を研究している研究者、山上博信さんのブログです。くらしの悩み、なんくるないさ!弁護士がいない辺境地域に出向き法律相談にのるという活動をなさっています。僕なんかよりもずっと日本各地を飛び回っている行動派。本を書く上で相談に乗ってもらったり、専門家を紹介してもらったり、いつもお世話になりっぱなし...

新刊「ニッポンの穴紀行」、12/16発売となります

約2年ぶりに新刊を出版します。「ニッポンの穴紀行 近代史を彩る光と影」(光文社)です。昨年、光文社のPR誌「本が好き」に1年のあいだ、連載していたシリーズを大幅に加筆修正しました。トンネル、地下空間など、日本全国に散らばる人工的な「穴」を12カ所訪れ、日本の近代化がもたらした光と影について考えてみる。そんな内容の紀行集です。連載を持ちかけられたときはもう少し軽いタッチの廃墟ものを志向していたのです...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。