Entries

スポンサーサイト

「講談社ノンフィクション賞選考会」での石井光太評について

講談社のノンフィクション雑誌「G2」に掲載されている「講談社ノンフィクション賞選考会」での石井光太評がそこまでいうかっていうぐらいにすごい。以下は野村進氏の談話の抜粋。**************** 海外ものなら、どんなに作り話を入れてもバレっこないとでも思っているのかなあ。この手法を認めてしまうと、誰も海外取材はしなくていいという結論になってしまいますよ。取材困難な箇所は、全部創作で埋めればいい...

尖閣諸島の久場島のこと

昨日、尖閣関係の資料を整理していたところ、こんな記事を発見した。「30年間放置される尖閣列島「石油開発」の知られざる舞台裏」(「財界展望」2003.5)それによると久場島について次のように書いてある。備忘録代わりにここに記しておく。************** 残る「久場島」は、なんと三〇年以上前から防衛施設庁が賃貸借契約を交わしていた事が、今回判明した。一九七二年の沖縄復帰以前は米軍の射撃・爆撃...

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。