Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1012-90f36768

トラックバック

コメント

[C1433]

わかりました。
  • 2005-08-22 13:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1432]

会議に行かないというわけではなく、スケジュールが合わないんですよね。
月末には新刊が出るので、あいさつを兼ねて行ければと思ってます。

  • 2005-08-22 03:44
  • あらい@おでん
  • URL
  • 編集

[C1431]

おでんのあらい様
校正をしっかりやることも大事ですよね。
ところでT会議にはもう来られないんでしょうか?
貴著のサインをいただこうと持参したこともあるんですが。
  • 2005-08-22 00:33
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1430]

汲サうでしたか。
参考資料についても、孫引きにならないように、
なるべく原本に当たるというのは基本ですね。

ということで、おでんのあらいでした。

  • 2005-08-21 21:54
  • あらい@おでん研
  • URL
  • 編集

[C1429]

ま、素人のblogよりは裏とれてるでしょうけどね。
  • 2005-08-21 00:52
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新聞社相手に小言を言ってみる

過去を賛美しながら過去を反省すると言う日本

 日本の小泉純一郎首相は15日、敗戦60周年を迎え、「かつて植民地支配と侵略によって多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた」とし、「痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明する」と述べた。

 日本の歴史に対する“反省”の首相談話は、95年の村山首相談話以来、10年ぶりのことだ。

 談話は村山元首相の談話と大同小異の内容だ。アジアの平和維持発展のため、協力すべき対象として韓国と中国を具体的に取り上げたことが唯一の差だ。


上は韓国の新聞「朝鮮日報」8/16付の社説です。
このなかでびっくりしたのが以下のフレーズです。

日本は一体なぜ、戦争を反省するとしながら、戦犯の位牌が祭られている靖国神社への参拝を繰り返しているのだろうか。日本は一体なぜ、アジア人の心にまったく響かない「反省談話」を60年間繰り返しているのだろうか。

韓国人はここまともに参拝とかしないだろうから誰も知らないのかもしれませんが、事実誤認は事実誤認です。位牌なんてありませんよ。書いてるのが現場を離れたデスクか論説委員かどうか知りませんが、行けないにしてもちゃんと調べてください。
書いたあとにちょっと時間置いて読み直してみるとか。

校正さんのチェックも甘いんでしょう。
韓国の国民紙の看板が泣きますよ。
新聞では仕事をやったことがないので知りませんが、雑誌だと文春や新潮社の校正ならこのレベルの間近いなら簡単に見つけるでしょうね。
***********************************

えー、そのあと韓国語の原文を読んでみたんですが、位牌なんて言葉はまったく使われていませんでしたね。ってことは翻訳担当の勘違いが原因なんでしょう。

ともあれ早合点失礼しました。


AUTHOR: あらい DATE: 08/20/2005 12:02:58 これは、韓国語の新聞を読んだんでしょうか? それとも翻訳されたもの?
だとすると、日本語に翻訳された段階で語訳の可能性もあるかもしれませんそね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1012-90f36768

トラックバック

コメント

[C1433]

わかりました。
  • 2005-08-22 13:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1432]

会議に行かないというわけではなく、スケジュールが合わないんですよね。
月末には新刊が出るので、あいさつを兼ねて行ければと思ってます。

  • 2005-08-22 03:44
  • あらい@おでん
  • URL
  • 編集

[C1431]

おでんのあらい様
校正をしっかりやることも大事ですよね。
ところでT会議にはもう来られないんでしょうか?
貴著のサインをいただこうと持参したこともあるんですが。
  • 2005-08-22 00:33
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1430]

汲サうでしたか。
参考資料についても、孫引きにならないように、
なるべく原本に当たるというのは基本ですね。

ということで、おでんのあらいでした。

  • 2005-08-21 21:54
  • あらい@おでん研
  • URL
  • 編集

[C1429]

ま、素人のblogよりは裏とれてるでしょうけどね。
  • 2005-08-21 00:52
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。