Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1014-25f2ea70

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

占守島へ行きたい

千島に感謝の日の丸 今月末、占守島で最後の遺骨収集

 太平洋戦争終結3日後の昭和20年8月18日、千島列島最北端の「占守(しゅむしゅ)島」に侵攻したソ連軍と旧日本軍が激戦を繰り広げた「占守島の戦い」。今月末、同島で元兵士や遺族が参加し、遺骨収集が行われる。遺族らの高齢化で最後の遺骨収集になるとみられるこの慰霊の旅に、戦闘で命を失った戦車第11連隊の須田謙吾少尉=当時(29)=のおい、須田一彦さん(64)=兵庫県西宮市=が参加する。須田さんは「60年を経て、ようやく霊を慰められる」と話した。

 終戦が成立していた60年前の8月18日未明、占守島対岸のカムチャツカ半島からソ連軍が島北端に上陸を始めた。旧日本軍の島の守備隊だった11連隊は武装解除を進めていたが、砲撃を聞き、再武装して島南部から北端の前線へ出撃。しかし、須田少尉は戦車の故障などで激戦地にたどりつけなかった。


 旧日本軍は、上陸したソ連軍を水際で食い止めたが、戦闘は21日に終結。死亡者は3日間で日本軍約370人、ソ連軍は3000人以上にのぼったとされる。(写真はSanlei-WEBより)


占守島への遺骨収集・慰霊クルーズのことを書いた本に司馬遼太郎の悼辞(っていうのかな)が載ってました。司馬さんは亡くなって9年になりますが、そのクルーズが行なわれてちょうど10年だそうです。

それ以降、少なくとも何年かに一回は行われているものだと思っていたんですが10年前のクルーズ以来だそうですね。しかも今回が事実上、最後だと。

うーむ、こんなのが行われるなんて知らなかった。
今後の本にこの島の訪問記をぜひ載せたい。
慰霊の模様をぜひ取材したい。

だけど月末、例の賞の報告が新潮社からあるはずだし、
ロシアのビザ等の問題もあるし、やっぱ無理だろうなあ。


地図は厚生労働省のHPより。
こちらがツアーの日程。

8/23 厚生労働省に問い合わせたところ、ロシア側の手続きが間に合わないとのことでした。1ヶ月前には国境警備隊に入島する人員を登録しておく必要があったとか。
あー、一生の不覚かも。_l ̄l○


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1014-25f2ea70

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。