Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1052-05d1cb9e

トラックバック

コメント

[C1487]

かといって藤原新也氏のように一場面一カットに徹しているカメラマンってのは貴重でしょうね。
  • 2006-01-16 13:10
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1486]

たしかにデジカメだとマシンガンのように乱射して数打てば当たる方式だけど、
フィルムの場合は、照準を合わせて確実に狙いを定めて一発の銃弾でスナイプするような醍醐味があるんですよ。
だから心もデジカメに比べれば野生的になれるし、撮った時のシーンの印象もより深くなるのでしょう。

  • 2006-01-16 00:36
  • アフロあきら
  • URL
  • 編集

[C1485]

bashishi様,アフロ様
フィルムカメラ撤退に関して、怒ったわけではなく、びっくりしたというのが正確なところです。写真にこだわりがない人はデジカメで十分でしょう。
まあでも書籍や雑誌に掲載するとあがりが一目瞭然なんですよね。便利なのは間違いないですが、デジカメをメインにし始めていろいろとなくしてしまったものがあるような気がしています。確実に写真が下手になったと思いますし。
  • 2006-01-15 19:38
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1484]

こちらの皆様の思いからすると、逆撫でな感じで書き込みますがスミマセン。
自分はデジタルからカメラを使い出した人間なので、正直、今回のニコンの決定は
当然の流れで特に憤慨も何もありませんでした。
逆に、何故フィルムから撤退するのに、それだけ怒りなりのエネルギーを費やすのだろうか、
とよく分からない感じです。
(これは、画質の違いや表現の違いなどが分からない、人間だからかもしれませんが)

 ただ、これを自分の身近なところに当てはめると、何となくではありますが分かる気がします。
海外ツーリングでも乗り続けたDJEBEL200が生産終了になりましたので・・・
バイクに、DJEBEL200に乗っていない人間からしたら、どうってこと無い事ですから。

[C1483]

ニコンとは関係ないけど、私はデジカメ派です。
写真やネガとかでかさばらないから部屋も狭くならないし、金もかからないし地球にもやさしい(?)
自分の場合は「質より量」なので、旅先ではデジカメで一日平均100~200枚、MAX600枚撮ったこともありました。
世界一周時はフィルム式でしたが、撮れる枚数がどうしても制限されるので、
「あの時デジカメがあればもっといっぱい撮れたのになあ~」
と今でも悔やむことがあります。

  • 2006-01-14 22:31
  • アフロあきら
  • URL
  • 編集

[C1482]

>所詮はパソコンの周辺機器
パソコンがなければ成り立たないようなカメラですから、周辺機器という言いようは言い得て妙ですね。今回の措置はある意味、写真画質の陳腐化を決定づけたような気がします。
  • 2006-01-14 13:00
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1481]

トミヨリ様
「思い」は需要データとして繁栄されませんよね。
僕はnewFM-2を今後も使っていくつもりです。
☆秋月☆
はじめまして。今回の発表は、フィルム派はデジカメに移行してくださいっていう意思表示なんでしょう。

  • 2006-01-14 12:56
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ニコン、フィルムカメラから撤退へ!

フィルムカメラ製品のラインアップ見直しについて

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび弊社は、お客様のニーズに応じた製品をタイムリーにご提供するため、デジタルカメラ事業に一層の経営資源を集中し、フィルムカメラ製品のラインアップを見直ししていくことといたしました。

フィルムカメラ市場が急激に縮小する中、コンパクトデジタルカメラは普及率も高まり、今後はより高機能、付加価値の高い製品が求められております。また、デジタル一眼レフカメラにおきましては、今後はフィルム一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラからの買い替え需要などの拡大が見込まれ、より高性能な新製品の発売が期待されております。

このような市場環境の中、お客様のご要望により迅速に対応するために、デジタルカメラ事業に一層の経営資源を集中し、フィルムカメラ製品のラインアップを見直ししてまいります。
大判カメラ用レンズ、引伸し用レンズにつきましては全品の生産を終了し、在庫がなくなり次第販売を終了いたします。また、フィルムカメラボディー、マニュアルフォーカス交換レンズ、その関連アクセサリーにつきましては一部を除き生産を終了し、在庫がなくなり次第販売を終了いたします。

今後のフィルムカメラ事業は、フィルムならではの表現を大切にするお客様に高い評価をいただいておりますニコンのフラッグシップカメラ「F6」、写真を勉強する方の入門機として定評のある「FM10」を中心に継続してまいります。

なお、アフターサービスに関しましては、これまでどおり製品ごとに定めております規定に従って対応してまいります。

今後ともニコン製品を引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


あらあら。ドラスティックなことをやりますね。
Fマウントを守り続けてきたニコンだからフィルムカメラ部門は規模をある程度保ったまま頑なにずっと残し続けるんだと思っていたんですが。

デジカメってまだ画像荒いですよ。フィルムのクオリティに全然かないません。便利だからついついデジカメばかり使っていますが、あがりにはずっと不満を持っています。それに画角の違いも不満です。今まで持っているレンズが1.5倍に見えるからです。フルサイズのCMOSを持つ一眼デジカメが作られるのをずっと待っていましたが全然出る気配がないので一眼デジカメに移行しましたが、画角や画質はやっぱ不満です。いくら絞ってもピントが合っている気がしないんですよね。

僕がお金持ちで画質至上主義の人ならば今もフィルムカメラばかり使っているはずです。電気のない場所など過酷な場所でこれからどうやって撮影すれば良いんでしょうね。あと、パソコン使えない人って世の中にまだまだ多いと思いますが、そういう人たちは写真を撮るなとでも言いたいんでしょうか?

ニコンが「退路を断ってしまう」というのはフィルムカメラ同等のクオリティをデジカメで得られると考えたからでしょうか?たぶん違うでしょうね。フルサイズ一眼デジカメを未だに発表できないというのに拙速すぎやしませんか?

レバー巻き上げ型のカメラであるFM3Aがすでにメーカー在庫なしというのはびっくりです。FM2大事にしたいと思います。

関連産業も今後さらにつぶれていくんでしょうね。街のラボもどんどん姿を消していくんでしょう。

AUTHOR: トミヨリトシヤ URL: http://www3.ocn.ne.jp/~nereus/ DATE: 01/13/2006 13:04:44 TBどうもです。
いや、ホンマ「FM3A」は、趣味カメラとして欲しいなとずっと思ってたのでショックでした。でも「思ってた」だけで実際には買わない(買えない)ぼくみたいなのが多いから、撤退するハメになったんでしょうね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1052-05d1cb9e

トラックバック

コメント

[C1487]

かといって藤原新也氏のように一場面一カットに徹しているカメラマンってのは貴重でしょうね。
  • 2006-01-16 13:10
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1486]

たしかにデジカメだとマシンガンのように乱射して数打てば当たる方式だけど、
フィルムの場合は、照準を合わせて確実に狙いを定めて一発の銃弾でスナイプするような醍醐味があるんですよ。
だから心もデジカメに比べれば野生的になれるし、撮った時のシーンの印象もより深くなるのでしょう。

  • 2006-01-16 00:36
  • アフロあきら
  • URL
  • 編集

[C1485]

bashishi様,アフロ様
フィルムカメラ撤退に関して、怒ったわけではなく、びっくりしたというのが正確なところです。写真にこだわりがない人はデジカメで十分でしょう。
まあでも書籍や雑誌に掲載するとあがりが一目瞭然なんですよね。便利なのは間違いないですが、デジカメをメインにし始めていろいろとなくしてしまったものがあるような気がしています。確実に写真が下手になったと思いますし。
  • 2006-01-15 19:38
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1484]

こちらの皆様の思いからすると、逆撫でな感じで書き込みますがスミマセン。
自分はデジタルからカメラを使い出した人間なので、正直、今回のニコンの決定は
当然の流れで特に憤慨も何もありませんでした。
逆に、何故フィルムから撤退するのに、それだけ怒りなりのエネルギーを費やすのだろうか、
とよく分からない感じです。
(これは、画質の違いや表現の違いなどが分からない、人間だからかもしれませんが)

 ただ、これを自分の身近なところに当てはめると、何となくではありますが分かる気がします。
海外ツーリングでも乗り続けたDJEBEL200が生産終了になりましたので・・・
バイクに、DJEBEL200に乗っていない人間からしたら、どうってこと無い事ですから。

[C1483]

ニコンとは関係ないけど、私はデジカメ派です。
写真やネガとかでかさばらないから部屋も狭くならないし、金もかからないし地球にもやさしい(?)
自分の場合は「質より量」なので、旅先ではデジカメで一日平均100~200枚、MAX600枚撮ったこともありました。
世界一周時はフィルム式でしたが、撮れる枚数がどうしても制限されるので、
「あの時デジカメがあればもっといっぱい撮れたのになあ~」
と今でも悔やむことがあります。

  • 2006-01-14 22:31
  • アフロあきら
  • URL
  • 編集

[C1482]

>所詮はパソコンの周辺機器
パソコンがなければ成り立たないようなカメラですから、周辺機器という言いようは言い得て妙ですね。今回の措置はある意味、写真画質の陳腐化を決定づけたような気がします。
  • 2006-01-14 13:00
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1481]

トミヨリ様
「思い」は需要データとして繁栄されませんよね。
僕はnewFM-2を今後も使っていくつもりです。
☆秋月☆
はじめまして。今回の発表は、フィルム派はデジカメに移行してくださいっていう意思表示なんでしょう。

  • 2006-01-14 12:56
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。