Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1086-ae76b4d6

トラックバック

コメント

[C1567]

ぬ@様
さっそく買うてくれたようで、ありがとう。
感謝の言葉って確かに言い出しにくいよなあ。
それだけに喜ばれるんとちゃうかなあ。
レビュー期待しています。

  • 2006-03-12 22:35
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1566]

お誕生日おめでとうございました。
よりよい一年になりますように☆
両親に感謝する。大人になると照れくさいくて素直にいえません…
誕生日はその気持ちを大事にするいい機会ですね。
僕も今年からは密かに感謝したいと思います。

新刊好評のようですね、おめでとうございます。
まだ途中までしか読んでないんで、読了したらまた感想を述べさせてくださいね。

[C1565]

rumi様
理解しても実際に行動に移せるかどうか。自信ありません。
tonpa様
ありがとうございます。
  • 2006-03-09 01:22
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1564]

hichako.k様
将来お子様に祝うように提案してみては?
ゆき様
あなたの父上の見解を聞きたい。
shimashima様
口に出すのって照れくさいですよね。
chika様
そうでしたか。どうぞ健康にはお気をつけくださいね。そして元気な赤ちゃんを産んでください。
いわじぃ様
大事なことを学ばさせていただきました。ありがとうございます。
  • 2006-03-09 01:20
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1563]

私も息子を産んだ時、初めて気づきました。
自分の誕生日って、親にとっては出産記念日なんや~ってね(^^ゞ
  • 2006-03-06 22:53
  • hichako.k
  • URL
  • 編集

[C1562]

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!!!

[C1561]

お誕生日おめでとうございました!

私も数年前から誕生日は祝ってもらうのではなく周りの人たちに感謝する感謝デーにしようと思ってはいるのですがなかなか実行に移せていません...

それとtagosakuさんが出産と育児の大変さを理解しただけでも将来の奥さんにとってはすごく助かると思いますよ。周りが理解すれば育児だってしやすい環境になると思うし。
  • 2006-03-06 18:00
  • rumi
  • URL
  • 編集

[C1560]

昨日、誕生日だったんですね。
バタバタしていて、お祝いも言えずに申し訳ありません。

1日遅れてしまいましたが、おめでとうございます。

またどうぞ遊びにいらしてくださいね。
  • 2006-03-06 17:05
  • いわぢろう
  • URL
  • 編集

[C1559]

お誕生日オメデトウゴザイマス!
お母様に「アリガトウ」のハガキでもとても喜ばれると思いますよ♪

今回のお話は考えさせられました。
かくいう私も10月頃にママになる予定となりまして、まだまだ実感はつわりのひどさでしか計れませんが、生んだ瞬間に今のつわりの辛さなど一気にどこかへ飛んでってしまうのでしょうね。
結構憂鬱な日が続いていたのですが、今回のお話でちょっと前向きになれたような気がします。
アリガトウゴザイマス。
あと7ヶ月、チビが元気に出てこられるように準備しておかないとね(●´ω`●)
  • 2006-03-06 11:22
  • Chika
  • URL
  • 編集

[C1558]

誕生日おめでとうございます!

親への感謝の言葉って、照れくさくてなかなか口には出せないけれど、親ってすごいですよね。
私もいつも自分のことで精一杯だけど、しっかり子育てをしてる友人などを見ると、本当にすごいなぁと思います。

よい1年になりますように!
  • 2006-03-06 10:08
  • shimashima
  • URL
  • 編集

[C1557]

いい話じゃのう。
  • 2006-03-06 07:41
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

誕生日に思う

先週末、とある友人の家に行った。当初、新宿で会う予定だったのだが、お宅に誘われ、そちらに伺うことにした。彼の奥さんが僕に会いたがってくれていたのだ。

 前回、彼と会ったのは去年の11月ごろ、新宿歌舞伎町のとあるバーでだった。彼の隣りにいた奥さんはその場で産気づいてもおかしくないぐらいにお腹が大きく、妊娠しているということが一目でわかった。

 今回お宅で迎えてくれた奥さんのお腹はすっかりしぼんでいた。そのかわり、数週間前に生まれた娘さんを抱いていた。
 両手両足の指は5本ずつそろっているし、髪も黒々としているが、その指は豆粒のように小さく、頭にしても握り拳を少し大きくしたぐらいの大きさしかない。あと1年少々すれば元気に歩き回るのだろうし、数年後にはおしゃべりをしたりとすくすく成長していくのは間違いない。だが、そうした約束された将来が本当にくるのかどうか心配になってしまうほど娘さんは小さかった。

 3人で鍋をつつくこととなった。テーブルに具材が並び、カセットコンロの上に置かれた鍋にどんどんと入れていく。ビールが進み、談笑する。しかしそうした和やかな場は不意に打ちきられる。娘さんがおぎゃあおぎゃあと火がついたように泣き始めたのだ。お腹がすいているのだろうか。それともおしめだろうか。言葉をまだ発することができないので、何を訴えているのかよくわからず、ただオロオロするだけだった。

 その後も1時間おきぐらいに火がついたように泣き、そのたびに談笑は打ち切られた。夫婦が娘の世話をする様子を情けないことにその後もずっとただオロオロしながら見ているだけだった。
 聞けば、昼も夜もなく、お世話するのだという。これでは自分の時間が全くもてない。奥さんは子供を産んだばかりで体調は回復しきっていないはずだ。なのに朝晩なくずっと世話をする必要があるという。これはとても大変だ。

 今に限ったことではないが、子供に対しての虐待のニュースが、ときどきテレビや新聞を賑わす。
 虐待してしまった両親のことを全面的に支持する気は毛頭ないが、気持ちは少し理解できるような気がしたし、僕自身、父親になったときにしっかりと育てられるか心配になった。それぐらい大変なことなのだと、目の当たりにして認識した。

 同時に生まれたばかりの命の魅力にはやられてしまった。可愛すぎる。人の子供ですらめろめろになってしまうぐらいだから、これが自分の子供なら、今まで自分が大事にしてきたことをすべて投げ出しても構わない、と思ってしまうのだろう。
***************************
 夜遅く、家に帰って来るとすぐおかんから電話がかかってきた。
「あんたもうすぐ誕生日やろ。お祝いに荷物送るから」
 何歳になっても親にとっては子供は子供なのだ。
「電話でえへんかったけどどこ行ってたんや?」
「友達の家に行ってたんや。赤ちゃん生まれたばっかりで可愛かったけど大変そうやったわ」
「そーかいな。産んだばっかりの女ってのは体きついんやで」
 いきなりおかんは話の方向を変える。いつもの癖だ。だがこのときはその変え方に説得力があった。
「体調もいつもと違うみたいやったわ。それに昼も夜もなく世話せんとあかんしなあ。めっちゃ大変そうやったわ。そしたら僕のときもおぎゃあおぎゃあ泣いたり大変やったん?」
「そりゃそうやわ。あんたもよう泣いてたわ」
 子育てがいかに大変かということはさきほど痛いほど目の当たりにした。だが、自分もそうして育てられてきた、ということとは結びつかなかった。
 今までの人生をずっと独力で切り開いてきたという自負なんておこがましくて持ったことはなかった。だが、両親、特に母親に育ててもらわなかったら、この僕は世の中に存在していなかった、ということは今まで強く自覚したことはなかった。
 生まれてから成人するまでの間、無事に成長できたのは本人の努力というより、親の世話の賜物だ。その大変さに36の誕生日を前にようやく思い当たったような気がする。

赤ん坊時代の食事に排泄といった生理的なことに関するお世話、立って歩くようになると生理的な世話はなくなるがちょこちょこどこにでも行こうとするし行動範囲が広がる分危なっかしい。学校に通うようになると教育費の負担などがのしかかってくる。

そして僕の場合は成人しても糸の切れたタコのようにあちこちに出掛けたり、ちゃんと就職をしなかったりと、いまだに心配をかけている。本が売れてそこそこ安心はさせたとは思うが、不安定な仕事をしているし、結婚をする気配もないからまだまだ安泰というわけにはいかないだろう。

 誕生日というものを今までは消極的ながら自分のためのお祝いの日だと思いこんでいた。だが、今後はその認識を改め、両親への感謝の日としたい。
 とはいえ、電話口の僕はそうしたストレートな感謝を照れてしまってその場では口に出せなかった。
「その節はご迷惑をおかけしました」
と改まった照れ隠しの言葉でごまかしてしまった。

AUTHOR: ゆうや URL: http://youyah.blog1.fc2.com/ DATE: 03/06/2006 00:29:42 お誕生日おめでとうございます。

「写真で読む~」買いましたよ。
わくわくしながらも仕事が忙しくて、まだ読破できてないのですが、
そのうちに感想など書きたいと思ってます。

こうゆうスタイルの本を読むのは初めてなのですごく新鮮です!
・・・とりあえず一言だけですいません。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1086-ae76b4d6

トラックバック

コメント

[C1567]

ぬ@様
さっそく買うてくれたようで、ありがとう。
感謝の言葉って確かに言い出しにくいよなあ。
それだけに喜ばれるんとちゃうかなあ。
レビュー期待しています。

  • 2006-03-12 22:35
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1566]

お誕生日おめでとうございました。
よりよい一年になりますように☆
両親に感謝する。大人になると照れくさいくて素直にいえません…
誕生日はその気持ちを大事にするいい機会ですね。
僕も今年からは密かに感謝したいと思います。

新刊好評のようですね、おめでとうございます。
まだ途中までしか読んでないんで、読了したらまた感想を述べさせてくださいね。

[C1565]

rumi様
理解しても実際に行動に移せるかどうか。自信ありません。
tonpa様
ありがとうございます。
  • 2006-03-09 01:22
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1564]

hichako.k様
将来お子様に祝うように提案してみては?
ゆき様
あなたの父上の見解を聞きたい。
shimashima様
口に出すのって照れくさいですよね。
chika様
そうでしたか。どうぞ健康にはお気をつけくださいね。そして元気な赤ちゃんを産んでください。
いわじぃ様
大事なことを学ばさせていただきました。ありがとうございます。
  • 2006-03-09 01:20
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1563]

私も息子を産んだ時、初めて気づきました。
自分の誕生日って、親にとっては出産記念日なんや~ってね(^^ゞ
  • 2006-03-06 22:53
  • hichako.k
  • URL
  • 編集

[C1562]

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!!!

[C1561]

お誕生日おめでとうございました!

私も数年前から誕生日は祝ってもらうのではなく周りの人たちに感謝する感謝デーにしようと思ってはいるのですがなかなか実行に移せていません...

それとtagosakuさんが出産と育児の大変さを理解しただけでも将来の奥さんにとってはすごく助かると思いますよ。周りが理解すれば育児だってしやすい環境になると思うし。
  • 2006-03-06 18:00
  • rumi
  • URL
  • 編集

[C1560]

昨日、誕生日だったんですね。
バタバタしていて、お祝いも言えずに申し訳ありません。

1日遅れてしまいましたが、おめでとうございます。

またどうぞ遊びにいらしてくださいね。
  • 2006-03-06 17:05
  • いわぢろう
  • URL
  • 編集

[C1559]

お誕生日オメデトウゴザイマス!
お母様に「アリガトウ」のハガキでもとても喜ばれると思いますよ♪

今回のお話は考えさせられました。
かくいう私も10月頃にママになる予定となりまして、まだまだ実感はつわりのひどさでしか計れませんが、生んだ瞬間に今のつわりの辛さなど一気にどこかへ飛んでってしまうのでしょうね。
結構憂鬱な日が続いていたのですが、今回のお話でちょっと前向きになれたような気がします。
アリガトウゴザイマス。
あと7ヶ月、チビが元気に出てこられるように準備しておかないとね(●´ω`●)
  • 2006-03-06 11:22
  • Chika
  • URL
  • 編集

[C1558]

誕生日おめでとうございます!

親への感謝の言葉って、照れくさくてなかなか口には出せないけれど、親ってすごいですよね。
私もいつも自分のことで精一杯だけど、しっかり子育てをしてる友人などを見ると、本当にすごいなぁと思います。

よい1年になりますように!
  • 2006-03-06 10:08
  • shimashima
  • URL
  • 編集

[C1557]

いい話じゃのう。
  • 2006-03-06 07:41
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。