Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1089-3a17e3c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

WBC優勝と日の丸君が代

WBCは日本がキューバを撃破し優勝するという予想だにしなかった結果に終わりました。ドミニカやベネズエラなどキューバ以外の中南米地域のチームと対戦がなかったことは不満です。このあとペナントレースが始まるわけですが、何を今さらと思えてしまいます。近年の和製大リーガーの活躍で国内のペナントレースが色あせて見えていたのですが、今年はWBCが盛り上がったため、より一層そう思えます。
サッカーにしてもそうですが、こうした世界対抗戦の盛り上がりが国内リーグの盛り上がりを阻害しているような気がしてなりません。

閑話休題。
スポーツの試合では国旗や国歌がつきものですね。試合開始の前にお互いの国歌が流されたり、勝利の際、国旗を掲げて喜ぶ選手たち。選手以上に観客たちは盛り上がります。顔に国旗を描いたり、オリンピックでは国旗を振る名物おじさんがいたり。

WBCでの優勝直後のシーン。イチローでしたか、日の丸を掲げていた映像が流れていましたが、勝利の興奮に酔いしれながら、僕は軽い違和感に襲われました。とはいっても日の丸君が代ダメゼッタイという訳ではありません。

告白してしまいますが、僕自身の国歌・国旗に対する印象はとても中途半端なものなんです。例を挙げましょう。

人気歌手が球場で君が代を斉唱するとき、軽い違和感を覚えます。
旗日(祝日)のとき、国旗を掲げている家を見つけたときも同様です。

一方、
沖縄のソフトボール大会や韓国の反日デモで日の丸を燃やしている映像、
中国でのサッカー試合で観客が君が代にブーイングをしている映像。
そうしたものを見たときは違和感というより、怒りすら感じます。

こうした矛盾している中途半端な自分の反応ぶりはけっこうコンプレックスになっています。

思えば小学校でも中学校でもそうでしたが日の丸や君が代を目や耳で感じるという機会はありませんでした。三つ子の魂百まで、ということわざ通りなんでしょう。「日本の足あと」を巡り、日本人の自分という意識を強く持つに至った今でも、そうした距離感は直りません。

もし僕がWBC決勝を見ていた観客だとしたら、たぶんまわりにつられて熱狂に身を委ねていたのでしょう。だけどその場合、国旗や国歌に対して、戸惑いの心は強烈に感じていたのだと思います。

AUTHOR: キジ DATE: 03/24/2006 07:33:04 僕も同じような? 複雑で中途半端な感情を持つことがあって、判断を留保している感じです。

学校での国旗掲揚や国歌斉唱の強制には反感を感じますが、旗を燃やされたり国歌にブーイングされたりしても非常に不快です。

ただ、日の丸はもともと船の所属を示すために幕末に作ったものですし(その後様々な意味付けがなされたとはいえ)、スポーツの試合など対外的に示す必要がある場合には良いのではないかと思うようになりました。
 ただ、節度というか必要以上の陶酔は醜く見えると思います。後でニュースで見たのですが、決勝戦の後でマウンドに日の丸を置いてプレートを覆っていたのは自分の中では微妙に残念な気もしました。

また、最近はオリンピックなどでもアメリカの選手の中には国旗ではなく所属するクラブの旗を持ったりもしてますし、僕がジジイになる頃には随分変わっているような気もします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1089-3a17e3c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。