Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1111-ce9525b9

トラックバック

コメント

[C1609]

テレビも雑誌も紛争ものは全然売れないからね。とても腹立たしい。
アートで反戦といえば桃色ゲリラってご存じ?
  • 2006-09-17 08:27
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

飲酒運転事故の報道とワンセグ

最近、やたらと飲酒運転に関する報道が多い。実際、ここにきて事故が多発するようになったからだろうか。しかし近年、交通事故者数は減っていることを考えるとそうは思えない。飲酒運転の罰則が強化されたからゆえの啓蒙活動というかキャンペーンなんじゃないですか?

遺族が大泣きしながら訴える姿には胸を打たれます。気の毒だと思う。哀悼の意を示したい。だけど彼らを広告塔のように利用する報道の仕方はお涙ちょうだいドラマのようにわかりやすすぎます。仕掛け人の意図が手に取るようにわかってとても不快です。まるで鬼の首をとったかのように乱発される報道には違和感でいっぱいです。

こんなことばっかり報道するなら、今も現在進行形で進んでいる紛争とか去年7万人も亡くなったパキスタン大地震の続報とかそうしたことをもっと報道してはどうか。いつの時代でもそうだが諸外国の出来事に関する報道が少なすぎる。

同じ交通事故関連でも「ながら運転」中の事故に関してはとんと報道されない印象がある。携帯電話をかけながらの事故は一時期は報道されましたが、最近は全然聞きません。あと、最近よく見かけるテレビを見ながらの運転。あれって重大事故につながっているケースが機器の普及にあわせて増えていると思うのですが、これも全くといっていいほど報道がない印象。

ここ数年、テレビを見ながらの運転がほんと激増しています。普段原チャリで移動することが多いのですが、頭の位置が乗用車よりも高いのでよく見えるのです。信号の反応が遅い車に限って、テレビを見ながらや携帯で話しながらの車というケースも、ときどきあります。そうした車に誤って左折の際巻き込まれないか冷や冷やものです。ながら運転に遭遇するたびに車をけっ飛ばしたくなる衝動に駆られます。

ワンセグかなにか知りませんが、そうしたものに対応した機器を売りたいメーカーからの広告がないと各マスコミは死活問題ということなんでしょうか。それとも飲酒運転と違って、テレビを見ながら運転すると処罰されるという罰則がまだないためか。事故を起こしても飲酒と違って証拠が残りにくいせいか。真相はよくわからないですが、とにかくどうにかして欲しいものです。ながら運転。

AUTHOR: naoquito DATE: 09/15/2006 13:26:16 特に飲酒運転について、というわけではないけど、なんとなく最近報道に違和感を感じることが多いです。今あえてこんな話題より報道すべきことがあるだろう、とか、どうせこのテーマとりあげるなら何でここに切り込まないんだろう、とか。制作してる人、ちゃんと自分で考えて頭つかってるのかななんて失礼にも思うこともある。でもそれこそ広告とか政治的なこととか、一視聴者には分からない背景があったりもするのかもしれないですね。
・・・何はともあれ、ながら運転の事故に巻き込まれないよう気をつけてください!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1111-ce9525b9

トラックバック

コメント

[C1609]

テレビも雑誌も紛争ものは全然売れないからね。とても腹立たしい。
アートで反戦といえば桃色ゲリラってご存じ?
  • 2006-09-17 08:27
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。