Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1114-07bb4430

トラックバック

コメント

[C1610]

いろいろ調べましたがそうみたいですね。ずっと残るんですね、そういう成分って。
  • 2006-09-28 01:01
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

イラン初の宇宙飛行士

イラン女性が宇宙行き決定のニュース。並々ならぬ興味を覚えました。って言うか生き様がかっこよすぎる!!

アニューシャ・アンサリさん。一週間前に誕生日を迎えたばかりの40歳。アフガン国境に近いマシャッド生まれ、イラン革命後密告され十代で亡命、英語をマスターし、大学を出て、IT企業を夫とともに起業、自分で宇宙に行けるほどの莫大な富を持つまでにいたった彼女。その数奇な半生を詳しく知りたい。そのうち伝記出ないでしょうか。

ホリエモンや三木谷など日本のIT企業家(孫さんや西さんは別)はもちろん日本の政治家や芸能人には会いたいとは特に思わないですが、この女性には一度ぜひ会ってみたい。

イラン政府はどういった反応を示すのか。「敵国」に移住された上、成功されたわけです。メンツ丸つぶれですから諸手を挙げて喜びはしないでしょうね。こんなに面が割れちゃったら国に帰りづらいでしょうね。帰っちゃったら保守的な人に暗殺されかねない。少なくとも故郷に錦を飾る、という感じにはならんでしょうね。オリバー・ストーンの映画に「天と地」という亡命したベトナム女性を描くものがありますが、彼女が生まれ育った村に帰るシーンがまさにそうでした。

送り出した夫もイラン人のようですが、彼も偉い。僕が尊敬する向井万起男氏並みの甲斐性のある旦那なんでしょう。たぶん。

彼女は語ります。
「私の(宇宙)飛行は、イランに住む若いイラン人に希望の光になったと思う。彼らが耳にするのは戦争や流血のうわさばかりだから」と。

ちょっと悦に入ってますね。彼女。アメリカチックな物言いはちょっと興ざめ。
一方激しく同意もします。彼女の言う通り、希望の光になることを望みます。

だけど、強大な富へのやっかみとか男を差し置いてしかも頭を隠さずに世界中のメディアに写真が公開されたりといったことは保守的なあの国ではどちらかというと国賊的に取り上げられないでしょうか。

まあそうした反応がある程度あることは承知で、開き直ってやってる部分があるんでしょうけどね。

もし彼女の祖国がアフガンだったらどうなっていたんでしょう。
帰国したら即暗殺ってこともあり得るでしょう。
*****************************
・あれ、宇宙ステーションで異臭発生、飛行士が防護マスク装着だって。大丈夫のようだけど。

・彼女はイスラム教徒なんでしょうか?とするとムスリム初の宇宙飛行士って事になりませんか?

・榎本大輔氏の健康ってどこに問題があったんでしょうか?彼は香港を拠点にして危ない橋を渡り、大成功へとその後いたったわけですが、彼って僕と同世代です。こんなに成功しちゃって今後、どうするんでしょうか。アニューシャさんとは別の意味で彼の生き様に興味がありますね。

・写真は彼女のHPより


AUTHOR: シルクロードのスナフキン EMAIL: hata2232@hotmail.com DATE: 09/19/2006 19:14:04 最近名前変えました。沖縄の発掘屋、ちんどん屋です。
 
 アニューシャさんはイスラムから改宗したのか、どうなのか?
 別に多くの日本マスコミにはどうでもいいことかもしれませんが、
 イスラムにとっては快挙となる宇宙旅行を女性が先におこなったことは
 どうなるのでしょう??
 私は唯一神がつくりたもうた世界を見られるだけで、深い感慨を思うのではないか
 とおもいました。 
 
 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1114-07bb4430

トラックバック

コメント

[C1610]

いろいろ調べましたがそうみたいですね。ずっと残るんですね、そういう成分って。
  • 2006-09-28 01:01
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。