Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1135-bbaa76a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド作の硫黄島戦映画の第二弾。
前作とは一転して日本側からの視点で描かれている。

全編にわたって戦争が描かれているし、登場人物もそう多くはないし、なにより同じ日本人が主人公ということが安心だし、感情移入できる。セピアがかった画面の色も効果的。
ラスト・エンペラーが英語だったように、この映画も日本人が英語で話すのかと懸念していたのだけど心配は杞憂だった。
戦争映画は善悪はっきり分けて描かれる事が多いが、この映画に関してはそうした「きめつけ」はない。クリント・イーストウッドの誠実な作風がアメリカという白黒つけたがる社会の中で受け入れられていることに僕は驚嘆する。
海を埋め尽くし浜に押し寄せる米軍の軍勢、応戦する日本軍、摺鉢山山頂に立つ星条旗と前作に共通するシーンがちらほら挿入されていて、日米が対峙しているということに気づかされるし、兵士の感情が二つの映画で描かれることが戦争を善悪で描くことがいかに欺瞞に満ちたことなのか、という事を知ることが出来るような気がする。良作。
地雷をいくつも抱えて死体に紛れている兵士はディテールを描いていると思った。だけどストーリー自体、話が後になればなるほど破綻していく印象。戦闘中の穴の中が明るく映されていたのは俳優の表情をみせるためには仕方がなかったのかもしれないが、ちょっと不自然。栗林が勲章ジャラジャラの軍服で指揮を執っているのも不自然。

西竹一も栗林中将もどうやって死んだのかはわかっていない。どちらも最後自分の意志で死を選んでいるが、それってどうなんだろうって思う。最後の一人になるまで命を消費し尽くす作戦だったはずなのに。西、栗林の死はもっとさらっと触れるだけでよかったのでは。
あと最後に生き残ったパン屋さん、僕は実在する別の人が主人公だと思っていたから、彼が単に生き残るだけなのは不満。栗林に生き残るように厳命され、米軍機を奪って日本に帰ろうとして殺されてしまった日本軍兵士がいたはずだけど、その彼を主人公とすべきだったのではないか。
あと硫黄島協会の人たちが2005年に手紙をたくさん見つけたことになってますが、同じ年に島に行きましたが、そんな話は聞きませんでしたし、あとでそうした話をニュースで聞いてもいません。映画のタイトルは「硫黄島(いおうじま)からの手紙」ですが、この団体は硫黄島(いおうとう)協会です。また旧島民の人も硫黄島(いおうとう)と発音していました。一方、映画の中の栗林は硫黄島(いおうじま)と発音していました。たぶん硫黄島(いおうとう)が正解なんでしょうが、そうした細かいことはともかく、この映画、とてもわかりやすい真摯な映画なのでなるべくたくさんの人が見るべきだと思う。

この後も散発的に戦闘が続いていたこと、少年農兵隊という年端も行かない少年たちも栗林らとともに最後の斬り込みに参加したこと、旧島民ですら今も簡単にはもどれないこと。これらの事実を皆さんご存じですか。旧島民の里帰りについては「日本の国境」本にルポを載せるので請うご期待!

写真は2005年の訪島時に撮影したもの


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1135-bbaa76a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。