Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1159-fbb75610

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

対馬再訪

01年、昨年に続いて対馬に行きました。「日本の国境」本の追加取材です。
前回の取材を元に数十ページ書いてみたのですが、中身に満足できなかったので、改めて訪れたというわけです。

前回、竹島上陸取材のついでに訪れたのですが、韓国人ツアーに同行する以外は満足のいく取材ができませんでした。対馬はとても広い島です。ドタバタ日程ではとてもフォローできません。

今回ははじめからレンタカーを借り、島をじっくりまわりました。予報はずっと雨だったのでレンタバイクでまわるというのは最初から考えていませんでした。

「韓国人に対馬が占領される」という、危機感を煽る報道が去年の今頃、相次いでされました。それらの記事に書いてあることは本当なのか。島内約500キロ走り回り、いろんな立場の人々に話を聞いてきました。

写真は6年前。島の北西端。
FI2612358_1E.jpg

韓国人観光客は平日、しかも雨だからかまばらでした。
厳原や比田勝といった韓国からの船が発着する町にちらほらいるのと、韓国人観光客を乗せたマイクロバスをたまにみる程度でした。

島の広さの割にとにかく人が少ない。
いてもお年寄りばかり。
過疎の問題のほうがよっぽど深刻、という印象でした。

写真は今年の北西端。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1159-fbb75610

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。