Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1180-333ea98e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

EF63と峠の釜飯

信濃追分駅から軽井沢までしなの鉄道で二駅移動しました。
ここから新幹線で長野へ戻ります。


気温は18℃。今年の夏、軽井沢では30℃を超えることもあったそうですが、普段の軽井沢はこれぐらいが普通ですよね。


階段を上ったところにある改札。
その前でふと振り返り、見下ろすと、古びた車両が眼下にありました。

もしや、と思って駅員にきいてみました。するとやはりその車両もEF63でした。

僕はてっちゃん(鉄道マニア)ではないのですが、10年前の路線廃止については鮮明に覚えています。長野新幹線開通による、横川~軽井沢間の廃止です。
廃止前、碓氷峠を登るため(下るため)、補助の機関車が連結していました。わざわざこんなものを連結して峠を越える路線ってのは旅心がわきます。しかし確か廃止の時にその補助機関車の存在を知ったはずで、横川~軽井沢間の在来線に乗ることは結局かないませんでした。

廃止の際、鉄道マニアが大挙して撮影にでかけた模様、釜飯の行方も含めて、大きくマスコミで取り上げられましたね。


軽井沢から長野までは新幹線。
お昼ご飯は釜飯です。

廃線時の模様について釜飯売りのおばさんに訪ねましたが、最近この仕事を始めたそうで、事情には明るくないそうでした。


これで900円。漬け物つき。
実用新案登録番号3094454の益子焼の容器に入っていました。
容器はもちろん持って帰りました。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1180-333ea98e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。