Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1188-205b2522

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ビルマ(ミャンマー)情勢に思うこと2

9月27日、デモを取材していた長井さんというジャーナリストが当局に射殺されました。彼はビデオカメラを握ったまま亡くなり、手の筋肉は握ったままの状態で硬直したといいます。ミャンマー軍政の残虐な仕打ちには、コノヤローと思いますが、ジャーナリストの本懐ともいうべき死に様は素晴らしかった、とも思います。

彼の追悼とミャンマー(ビルマ)情勢の報告を目的にした集会があるというので、10月3日、明治大学まで出かけてきました。

アウンサンスーチーさんのボディガードだったというポーンミントゥンさん
上智大学教授でビルマの専門家である根本敬さん(漫画家ではない、笑)
そして僕が大学時代に著書を読んで以来、尊敬している吉田敏浩さん
などが報告をしていました。

主催は日本ビジュアルジャーナリスト協会です。教授と元ボディガードの話は興味深かったですが、後の話はどこかで聞いたような話でした。

どの人も軍政=悪、民主化=善と、なんの疑問も持たずに決めつけていることに僕は首をかしげたくなりました。もちろん僕も基本的には同じ考えです。ビルマの悲惨な情勢下で生きる人たちに対して強い憐憫の気持ちを持っています。しかし講演内容にはなんだか腑に落ちないものがありました。軍政=悪。そんなことはわかり切っていることです。

単に民主化運動家や庶民に同情するタイプのジャーリストだけでなくもっと別の視点の人もいてもよかったと思います。たとえばミャンマー軍政側の考えを代弁する人とか。そうすることで話が多角的になったのではないでしょうか。

昨今、フォトジャーナリズムが衰退の一途を辿っていますが、メディアが良心を失いつつあること以外に、この集会で感じた「うんざり感」ってのを読者側が感じているというのも理由なのかもしれません。身を危険に晒したからとか、声なき声を拾ったから報道されるべき、というのは視点が安易です。もっともっと視点ってものを考えるべきですよ。

もちろん、志のないまたはあっても発揮できない社員ジャーナリストに比べるとずいぶん頑張っているとは思いますが。

僕が切り口にばかり頭を悩まし、足どりが重くなっているから、そうした考えに陥ってしまうのかもしれませんが。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1188-205b2522

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。