Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1200-7e7489a5

トラックバック

コメント

[C1661]

D80と18-200mmF3.5-F5.6、FX01です。
  • 2007-12-13 20:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

夜行を乗り継ぐ その1

11/25から12/5まで行ってきた新婚旅行、その模様を当ブログに連載します。

 日本の成田空港からイタリアのミラノ、マルペンサ空港へ飛行機で直行しました。整備不良のため、出発が3時間遅れ。1000円分のミールクーポンが配られました。




アリタリアの機内食。
充実の食事が配られたり機内販売があったりと、国際線の機内サービスはたいてい至れり尽くせりです。それは機内がそれだけ不快だからなのでしょう。


ミラノのマルペンサ空港。午後6時半着の予定が、午後9時半に到着しました。
リムジンバスに飛び乗ります。ドゥオモの壮麗な建築を眺めてから、夜行列車に乗るつもりでしたが、願いは叶いませんでした。



独裁者ムッソリーニが国を治めていた時代に作られたミラノ中央駅に到着しました。
彼の手によって作られた建築はアルバニアでも見ることになります。

スターリンにしてもムッソリーニにしても独裁者は大きな建物が好きなんですね。



バーリ行きの夜行列車に乗り込みます。寝台車です。

午後11時出発。駅に着いたのは約15分前でした。
ぎりぎり間一髪でした。


AUTHOR: トモトモ EMAIL: kha02455@nifty.com DATE: 12/12/2007 17:32:06 お帰りなさいませ。

アリタリアは先日リビアへ行ったときに使いました。
機内食は、さすがイタリア! たいへんよいものでした。
確かに機内のアコモの悪さをとってあまりある……(笑)。

帰りにはバチカンによって、教皇ミサに出席。なかなか面白い
旅でした。

今回の新婚旅行記の続きがたのしみです。面白い逸話など
ございましたら、是非お聞かせ下さい。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1200-7e7489a5

トラックバック

コメント

[C1661]

D80と18-200mmF3.5-F5.6、FX01です。
  • 2007-12-13 20:37
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。