Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1244-eabbe3b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

北方領土の日と伊豆半島

今日、2月7日は北方領土の日です。
北方領土の日とは「北方領土問題に対する国民の関心と理解を更に深め、全国的な北方領土返還運動の一層の推進を図るために制定された記念日」(wikipediaより)だそうです。

ではなぜこの日になったのかというと、1855年のこの日、北方領土が日本領土だと確定した日だからです。とはいってももともと北方領土を含む千島列島はアイヌなど北方民族が住んでいた島々ですが。

日本とロシアは彼らをないがしろにして勝手に条約を結んじゃったわけです。

その条約とは日露和親条約です。
「日露和親条約締結によって、千島列島の択捉島と得撫島の間に国境線が引かれた。樺太においては国境を設けず、これまでどおり両国民の混住の地とすると決められた[1]。この条約は1895年(明治28年)に締結された日露通商航海条約によって領事裁判権をはじめ、全て無効になった」(wikipediaより)

明治になると日本は北海道や千島列島の開拓に本腰を入れます。ロシアの脅威に対抗するためです。本州などから来た人たちは北海道や島に定着していきます。その影で北方民族は淘汰されていったのです。

日露和親条約が締結されたのは伊豆の下田にある、長楽寺というお寺でした。

そのお寺には年末、いってきました。
平凡な古刹でした。



この部屋で日本の全権とロシア海軍中将のプチャーチンにより交渉が持たれました。

アイヌの人たちはこの地で交渉が行なわれていたことを知っていたのでしょうか。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1244-eabbe3b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。