Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1302-81c57199

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

鳥の思い出とニュース

迷いインコ、住所・氏名を名乗って無事帰宅
2005年09月21日06時10分

 「モリオカシ、コンヤチョウ、○○マンション、トダ・チロタン」。盛岡市で迷子になったセキセイインコが、自ら住所と名前を話し、無事帰宅した。

 同市紺屋町の戸田道さん(84)が飼っているオスのチロタン。15日に行方不明になり、16日、自宅から数百メートル離れたマンションで保護された。その翌日から住所などをしゃべり始めたという。


小学生のころ家でインコを飼ってまして、ロッキーが流行ってたんで、そのままロッキーと名付けました。オスでした。そのインコも自分の名前をよく言ってました。
でもつがいにしたらメスのことで頭がいっぱいになったのか途端に話さなくなりました。
で、ある日、野良猫に鳥かごを襲われ、メスは死にロッキーは飛び立って行きました。
ロッキー、あのあとどうしたんだろう。


コウノトリ大空に舞う 5羽を放鳥 兵庫・豊岡

 兵庫県豊岡市の「県立コウノトリの郷公園」は24日、自然界への復帰を目指し人工飼育した国の特別天然記念物コウノトリ5羽を、世界で初めて放鳥した。県が1965年に人工飼育を始めてから40年。同市で国内最後の野生個体が捕獲された71年以来、34年ぶりにコウノトリが再び大空に舞った。


ここ行ったことあるんですが、コウノトリって相当デカイですよ。ダチョウまでとはいわないけど丹頂鶴ぐらいはあるかな。こうしたデカイ鳥がいるかどうかって自然がどれだけ残ってるかのバロメーターとはいえませんか?世界初の試みだそうですがぜひ成功して欲しいものです。朱鷺も増えてますし、そのうちこっちも放鳥するんでしょうか。







TITLE: カブト虫とコウノトリ URL: http://plaza.rakuten.co.jp/himetuti/diary/200509260000/ IP
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1302-81c57199

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。