Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1341-86a76be5

トラックバック

コメント

[C1705]

概要を書きました。あとでいろいろ付け加えていきましょう。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/5973/2041618#2041618
  • 2005-11-11 14:58
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1704]

それでどうなるの?新宿ツアー。
今回は、犬鍋を希望します。

[C1703]

持ち込みは35歳までの3人以上の団体。
それ以下の人間もなるだけたくさん連れていこう。
  • 2005-10-31 22:34
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1702]

お、あのイベントまたやるんか。

[C1701]

杉岡君
キミの文章力はone & onlyやと思う。すごい。
でもやっぱ表紙はお祭り写真のほうが良かったと思うな。
Mayさん
帰省するとき連絡ください。一度お会いしましょう。杉岡くんも紹介します。
11/20に見世物小屋見物・ボジョレー試飲・上海蟹と豚の脳みそ試食・歌舞伎町最深部徘徊というイベントをやりますけど、その時期にはいないですよね?

  • 2005-10-30 22:49
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本トンデモ祭―珍祭・奇祭きてれつガイド

日本トンデモ祭―珍祭・奇祭きてれつガイド/杉岡 幸徳 (著)

月初めに出版記念パーティーをやった友人の本。
日本各地の奇祭がテーマのルポ集。

性器を祀る祭り、暴力的な祭り、意味不明の祭り。
日本の文化の底の厚さに驚嘆させられる。

ペーソスとユーモアあふれるウイットに富む杉岡氏の文章は特異だと思う。
正気と狂気の間に揺れる彼の精神バランスがルポを独自のものにしている。
文章は短く簡潔ながら勝負球は確実に決まっている。
大概の読者は杉岡氏に確実に空振りさせられるだろう。

推測で書いている部分がいくつか気になった。
取材がさらりとしすぎてるようにも思えたが、
そうしたことは文体やキャラクターでじゅうぶんカバーできていると思った。

やはり本の作りが悪いと思う。
イラストや装丁の意図するところがよくわからない。
必然性が感じられない。
もっとシンプルな方が良かった。
この装丁だと書店員が「サブカル」コーナーに置いてしまうのは仕方がない。
読者も限定してしまう。

作りに凝るのならお祭りの数を増やして全体のページ数をもっと増やすべき。
あと地図がないのか痛かった。

文章が唯一無比にすばらしいだけに作りの悪さがもどかしい。
(文章だけだと星5、総合で星3.5)


AUTHOR: 杉岡幸徳 URL: http://www.sugikoto.com/ DATE: 10/30/2005 18:21:14 書評サンキュー。

まあ、装丁やデザインはまかせっきりやったからな。
基本的に、そういうのは別の人のセンスを入れたほうがいい、と思っていた。
表紙に祭りの写真を使う案も僕は出してたんだけどな。

それでもまあ、今まで僕が書いた本で一番売れていると思う。
そしてone & onlyのものだと思う。
読んだ人の評価は高いみたいなので、まあええんとちゃうかな。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1341-86a76be5

トラックバック

コメント

[C1705]

概要を書きました。あとでいろいろ付け加えていきましょう。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/5973/2041618#2041618
  • 2005-11-11 14:58
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1704]

それでどうなるの?新宿ツアー。
今回は、犬鍋を希望します。

[C1703]

持ち込みは35歳までの3人以上の団体。
それ以下の人間もなるだけたくさん連れていこう。
  • 2005-10-31 22:34
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1702]

お、あのイベントまたやるんか。

[C1701]

杉岡君
キミの文章力はone & onlyやと思う。すごい。
でもやっぱ表紙はお祭り写真のほうが良かったと思うな。
Mayさん
帰省するとき連絡ください。一度お会いしましょう。杉岡くんも紹介します。
11/20に見世物小屋見物・ボジョレー試飲・上海蟹と豚の脳みそ試食・歌舞伎町最深部徘徊というイベントをやりますけど、その時期にはいないですよね?

  • 2005-10-30 22:49
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。