Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1357-4e8e2e1b

トラックバック

コメント

[C1720]

http://dokoaa.com/hito/index.html
皇太子殿下で調べてください。
  • 2005-11-18 12:04
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1719]

>2ちゃんねるのアスキーアート

って何ですか!?

[C1718]

>あれが正統的な日本顔なんですな。

外国にいる日本人は彼女の姿に郷愁を覚えたりするのでしょうか?

>BBCの中継は極めて良心的。

イギリスにはない伝統に憧れていたりするんでしょうか?
  • 2005-11-17 11:41
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1717]

わっはは、私も思い出しました。

所でBBCでご成婚の画面見ましたが、
いややっぱり気品があります。そして
お多福だから十二単が似合う。あれが正統的な
日本顔なんですな。

雅子さんにはにあってなかったですよ。
なんか外人のコスプレみたいでした。

BBCの中継は極めて良心的。黒田氏のことは
「東京官僚」と読んでました。日本の伝統的な社会では
「宮使え」が評価されるということを
反映したコメントだと思います。さすがBBCです。
深い部分まで理解してます。

  • 2005-11-17 00:47
  • May
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

サーヤ、いよいよ結婚へ

十二単姿でお別れの拝礼 紀宮さま

 紀宮さまが15日の結婚式を機に皇室を離れることを神前に告げる儀式「賢所・皇霊殿・神殿(けんしょ・こうれいでん・しんでん)に謁(えっ)するの儀」が12日午前、皇居内の宮中三殿であった。紀宮さまは晴れの平安装束「十二単(じゅうにひとえ)=五衣・唐衣・裳(いつつぎぬ・からぎぬ・も)」の姿で、お別れの拝礼をした。同日午後には宮殿松の間で、天皇、皇后両陛下とあいさつを交わす「朝見(ちょうけん)の儀」に臨む。


同い年なんで少し感慨深いものが。
おめでとうございます。

この衣装とサーヤとのバランスはともかく(失礼)、
一般人になるって大変なことなんでしょうね。
下々の我々にはわからないご苦労がおありなんでしょう。

不謹慎かもしれないですが、離婚した場合はどうなるんでしょう?
皇室に戻られるんでしょうか?

紀宮さまの十二単はこちらで製作されたそうです。


AUTHOR: kiki URL: http://www007.upp.so-net.ne.jp/kiki_piko/index.html DATE: 11/14/2005 22:55:26 今日のNHKニュースで、
「紀宮さまは、本日、掃除機のかけかたを
習われたようです。」
と言ってました。

・・・・・・・・。

えっw( ̄□ ̄;)w
掃除機のかけかたって・・・習うの!!?

サーヤさま、大丈夫!!!!??!?!??
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1357-4e8e2e1b

トラックバック

コメント

[C1720]

http://dokoaa.com/hito/index.html
皇太子殿下で調べてください。
  • 2005-11-18 12:04
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1719]

>2ちゃんねるのアスキーアート

って何ですか!?

[C1718]

>あれが正統的な日本顔なんですな。

外国にいる日本人は彼女の姿に郷愁を覚えたりするのでしょうか?

>BBCの中継は極めて良心的。

イギリスにはない伝統に憧れていたりするんでしょうか?
  • 2005-11-17 11:41
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1717]

わっはは、私も思い出しました。

所でBBCでご成婚の画面見ましたが、
いややっぱり気品があります。そして
お多福だから十二単が似合う。あれが正統的な
日本顔なんですな。

雅子さんにはにあってなかったですよ。
なんか外人のコスプレみたいでした。

BBCの中継は極めて良心的。黒田氏のことは
「東京官僚」と読んでました。日本の伝統的な社会では
「宮使え」が評価されるということを
反映したコメントだと思います。さすがBBCです。
深い部分まで理解してます。

  • 2005-11-17 00:47
  • May
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。