Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1360-01aa80e4

トラックバック

コメント

[C1721] プリンスロイヤル登場

PING:
IP:
BLOG NAME
サーヤさん、昭和天皇の御料車・日産プリンスロイヤルで式場に向かいましたね。 この

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

黒田夫妻が乗っていた車

昨日、黒田慶樹さんと清子さんの結婚式が無事行なわれました。
皇居から帝国まで使われていた車について調べてみました。
プリンスロイヤル
天皇陛下の御料車として、数台作られた稀少車。『自動車の最高峰を国産車で』を合い言葉にわが国最初の貴賓用リムジンとして開発。
エンジンは、V8の6373ccエンジンを新開発。安全性、信頼性の確保のため、ブレーキと燃料系は完全二重系統式とした。できるだけ国産部品を採用する方針であったが、開発期間や信頼度の点からATはGM製を採用。発表はプリンス自工と日産自動車の合併後。(自動車技術会HPより。写真も)


とのことです。また、知り合いの先輩ライターである広岡祐さんもプリンスロイヤルについてこちらに書いています。

この車はV8エンジン、排気量6400cc、総重量3t超という大型車で、日産と合併する前のプリンス自動車が、採算度外視で製作したハンドメイドの車である。日本唯一の、真のリムジン(注1)であった。
今の天皇陛下は、基本的にこの車を使用しない方針をとっていた。今回は嫁にゆく娘さんへの心づくしなのだが、自動車ファンとしては久しぶりに目にすることができて嬉しかった。老朽化が進み(納車から38年!)、皇室の専用車はトヨタに変更されることが決定している。これが最後の大仕事になるのだろう。


なるほど。ウルトラセブンのウルトラ警備隊が使っていた車に似ているのは作られた時代が同じだからなんでしょうかね。

ところで清子さんが何らかの理由で慶樹と離別してしまった場合、姓がどうなるのかという問題についてもう少し調べてみました。皇室典範の第二章:皇族に以下のように書かれていました。

第12条 皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる。

その一文以外は何も書かれていませんでした。想定外ということなんでしょうか。


AUTHOR: ユウユウ EMAIL: BYZ06623@nifty.ne.jp DATE: 11/17/2005 01:05:31 ご紹介いただいてありがとうございます。

この車、一回実物に遭遇しましたんだけど、それはもう
めちゃでかい車でしたよ。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1360-01aa80e4

トラックバック

コメント

[C1721] プリンスロイヤル登場

PING:
IP:
BLOG NAME
サーヤさん、昭和天皇の御料車・日産プリンスロイヤルで式場に向かいましたね。 この

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。