Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1402-0dbcc1c9

トラックバック

コメント

[C1763]

みいやん様
写真の使用は差し控えさせていただきますが、TBはさせていただきますね。
これに懲りずに今後もよろしくお願いしますね。
いわぢぃ様
テレビの場合は画面が動くので印象が全然違いますよね。
情報の少ない静止画像=写真だからこそデフォルメされて見えるのかと思います。
  • 2005-12-27 07:57
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1762]

テレビでは、取材対象との交渉でモザイク(今はデフォーカスが主流)を入れるかどうか決めます。

もちろん素のまま出すのが一番いいと思います。

その他にバラエティなどは、演出上の効果を狙ってわざとモザイク入れたりもします。

ワザと隠して、そこに何があるんだろうと思わせたりとかですね。
表現の一形態として色々な使い方があるとは思います。

あくまで、テレビの話ですが…。
  • 2005-12-27 00:43
  • いわぢぃ
  • URL
  • 編集

[C1761]

何度もスイマセン。
反論の余地がないのはtagosaku様の意見に対してです。
  • 2005-12-26 20:01
  • みいやん
  • URL
  • 編集

[C1760]

ごめなさい。
TBじゃなかったですね。
でも構いません。
自由に私をいじってください。
  • 2005-12-26 19:59
  • みいやん
  • URL
  • 編集

[C1759]

blogですから、TBは自由にやっていただいて構いません(エロTBは困るけど)。

いや、意図的って言うほど意図的でもないんですが(だから書き直さなくて良いですよ)。

最初は本当に線だけの目線にしようかとも思ったんですけど、それでもちょっとなぁって感じでああなっちゃったんですね。
赤ちゃんについてはそうですね、彼らの意思を確認することはできませんから、今後はちょっと考えます。

私は「顔売ってナンボ」の方が自分を曝け出すのは理解できます。
自分がその立場であればそうします。
でも、そんじょそこらのサラリーマンで「自分の正体を隠したい」と思う人間もいる、ということを理解できない方がいるとは思いませんでした。
  • 2005-12-26 19:56
  • みいやん
  • URL
  • 編集

[C1758]

まあ、みいやんさんは、自分が「卑劣な男」だと開き直っていますし、「反論の余地はありません」と自分の間違いを認めていますので、これ以上の追求はやめておきます。

優しい男だな、俺って。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ネットに掲載する写真のモザイク、目線の入れ方

ちょっと前、ブログ上でいつもお世話になっているみいやんさんブログを見て、違和感を覚えたことがありました。
掲載されていた親類の赤ちゃんと一緒に写っている写真についてです。
赤ちゃんの顔はそのままでしたが、みいやんさんの顔には黒い四角で覆われていたんです。

肖像権を理解できない赤ん坊に許可を取らず、大人である自分だけ隠すなんてずるい。こりゃ大人のエゴだと思ったわけです。
「大人のエゴでしょう。トリミングしたほうがいい」とその旨を彼のその記事にコメントしたところ、赤ん坊だけ写すのもトリミングするのも、見た目の印象は違うかもしれませんが結局エゴなのでは?とコメントが返ってきました。

トリミングについては見栄えがいいという理由以外に特に深い意味はありませんでした。

この答えに確かに「そうだ」と納得し、さらなる返答を書くことはできませんでした。
写真を撮るという行為そのものがエゴのかたまりですから。

しかし、写真を見たときのモヤモヤはまだ消えません。
そこで、仲間内のカメラマンやジャーナリストに意見を聞いてみました。
すると全然別の意見が返ってきました。
「モザイクや目線ってのはグロテスクだよね。犯罪者やエロの印象があるわけじゃん。自分の顔にそうした処理を施すのってオレはわからない」
「そうした処理を行うことによって白けるよ。写真が死んじゃうよね」
「写真って関係性の産物だと思うんですよ。撮る側撮られる側の。そして被写体同士の」

トリミングすべきと言った意味を僕自身深くわかって言ったのではなかったのですが、モザイクや目線してある顔はグロテスクというと言い過ぎかもしれませんが、写真が死んでしまうという意見には賛成です。

写真を撮って掲載するというエゴはこの際置いておきます。

子供と大人の写真が一緒に写っている写真を掲載する場合、
両方とも処理をしていない写真というのがベストですが、
都合上そのままの写真が不可能というのであればどうしたらいいのでしょうか。
モザイクまたは目線写真だと大人のエゴがグロさととにも強調され、純真さなどの子供の魅力が帳消しになるように思われます。写真そのものの魅力がかなりそがれてしまいます。
一方でトリミング写真だとそうしたグロさは感じさせません。処理することで大人の存在そのものがある程度消されますから。もともとクローズアップして撮った写真だと思えば写真の力というか魅力が半減することもありません。

そんなわけでモザイク、目線よりもトリミングのほうがいいと思いますね。

追記:みいやんさんにお答えいただきました。目線にしたのは、その方が面白そうだったから、ということだそうです。なるほど、そういう使い方もあるんですね。それはそれでアリでしょう。

AUTHOR: 杉岡幸徳 URL: http://www.sugikoto.com/ DATE: 12/26/2005 18:49:52 >赤ちゃんの顔はそのままでしたが、みいやんさんの顔には黒い四角で覆われていたんです。

これはもちろん卑劣ですよね。
自分の正体は明かしたくないが、他人の赤ん坊はどうでもいい、という身勝手な感覚です。
僕にはとうてい理解できませんね。

子供や赤ん坊の写真を、本人の許可を取らずに掲載することは、「この子を誘拐してもいいよ」というメッセージだと考えます。
よく年賀状で子供の写真を載せる人がいますが、これだけでその家庭の個人情報がわかってしまうんですから。

しかし、どうしてそんなに自分の正体を隠したいのか。
そちらのほうが僕は不思議です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1402-0dbcc1c9

トラックバック

コメント

[C1763]

みいやん様
写真の使用は差し控えさせていただきますが、TBはさせていただきますね。
これに懲りずに今後もよろしくお願いしますね。
いわぢぃ様
テレビの場合は画面が動くので印象が全然違いますよね。
情報の少ない静止画像=写真だからこそデフォルメされて見えるのかと思います。
  • 2005-12-27 07:57
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1762]

テレビでは、取材対象との交渉でモザイク(今はデフォーカスが主流)を入れるかどうか決めます。

もちろん素のまま出すのが一番いいと思います。

その他にバラエティなどは、演出上の効果を狙ってわざとモザイク入れたりもします。

ワザと隠して、そこに何があるんだろうと思わせたりとかですね。
表現の一形態として色々な使い方があるとは思います。

あくまで、テレビの話ですが…。
  • 2005-12-27 00:43
  • いわぢぃ
  • URL
  • 編集

[C1761]

何度もスイマセン。
反論の余地がないのはtagosaku様の意見に対してです。
  • 2005-12-26 20:01
  • みいやん
  • URL
  • 編集

[C1760]

ごめなさい。
TBじゃなかったですね。
でも構いません。
自由に私をいじってください。
  • 2005-12-26 19:59
  • みいやん
  • URL
  • 編集

[C1759]

blogですから、TBは自由にやっていただいて構いません(エロTBは困るけど)。

いや、意図的って言うほど意図的でもないんですが(だから書き直さなくて良いですよ)。

最初は本当に線だけの目線にしようかとも思ったんですけど、それでもちょっとなぁって感じでああなっちゃったんですね。
赤ちゃんについてはそうですね、彼らの意思を確認することはできませんから、今後はちょっと考えます。

私は「顔売ってナンボ」の方が自分を曝け出すのは理解できます。
自分がその立場であればそうします。
でも、そんじょそこらのサラリーマンで「自分の正体を隠したい」と思う人間もいる、ということを理解できない方がいるとは思いませんでした。
  • 2005-12-26 19:56
  • みいやん
  • URL
  • 編集

[C1758]

まあ、みいやんさんは、自分が「卑劣な男」だと開き直っていますし、「反論の余地はありません」と自分の間違いを認めていますので、これ以上の追求はやめておきます。

優しい男だな、俺って。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。