Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1409-8ef75c1c

トラックバック

コメント

[C1780]

malaiyaさま
寒中お見舞い申し上げます。お大事に。
  • 2006-01-15 19:44
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1779]

おそくなりましたが、
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします!

年末年始、風邪ひきマライアでしたが、やっとなんとか復活しました。
お互いに体調には気をつけて今年もすてきな年にしましょうね!
  • 2006-01-15 17:44
  • malaiya
  • URL
  • 編集

[C1778]

チョムナカタ様
一緒に見に行きます?
竹村様
今年も引き続きご活躍ください。
  • 2006-01-02 15:19
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1777]

・どこかで連載をGETしたい
・講演会がたくさん舞い込んでくれば嬉しい
・1月、2月に出版が決定している書籍以外にも何冊か本を出したい

一応連載はあるのですが、もっと増やしたいですね。
今までの延長ではなく、新しい、新機軸の本も出したいと思っています。

 竹村洋介@浮浪思想家


コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

年末年始雑感と今年の抱負

大晦日からお正月って時間の感覚がいつもと違いますよね。
僕は夜型なんで、夜中にお風呂に行ったり、家に戻ってきたりってこともあります。昨日の深夜は近所の様子が全然違いました。普段誰もいない静まりかえっている歩いて数分のところにあるお寺が人であふれかえっていたんです。子供連れや老人などが深夜にたくさん歩いている風景は不思議でした。除夜の鐘とお屠蘇(おとそ)と初詣、しっかり僕もやってきましたけどね。

年が明けると繁華街でもない限り、夜中に人びとが徘徊するということはありませんが、時間の感覚がいつもと違うような気がします。何だか長く感じるんですよね。元旦なんて1週間ぐらいの長さに感じます。

普段ならわさわさと世の中が動いています。働く人びとの「気」を無意識に感じてしまうのでしょう。正月はたいていのお店は閉まっていますから、「気」を感じることはありません。そうしたことが時間の感覚の違いにつながっているんじゃないでしょうか。

あと正月といえば、たいてい清々しい気分ですね。人生はずっと続いていくものですから、すべてリセットされるわけではありません。ですが、元旦って生まれ変わったような清々しい気分になるんですよね(終戦までは正月に年齢が一つ増える「数え年」方式でしたから、今よりもずっとそういう風に感じたんでしょうが)。

時間を長く感じたり、清々しい気分になったりというのは一週間もすれば感じなくなってしまいますけどね。

それにしても大晦日のテレビ番組、なんで歌と格闘技が目玉なんでしょうか?
歌は目玉というのが半世紀以上の伝統ですから仕方がないですが、格闘技が毎年恒例というのは違和感を覚えます。格闘技は嫌いではありませんが、必然性をまるで感じません。
そもそも年末年始に特番をやる意味って何でしょう?

*****************************
今年の抱負です。

・どこかで連載をGETしたい
・講演会がたくさん舞い込んでくれば嬉しい
・1月、2月に出版が決定している書籍以外にも何冊か本を出したい
・「日本の国境」「戦争体験と老人ホーム」「大戦中、日本が占領した場所」「日本のなかの少数民」などのテーマを追いかける
・このブログをひきつづき毎日UPする
・洗練した男になり、あわよくば彼女を作る(苦笑)

そんなところでしょうか。それでは今年も皆様よろしくお願いします。

さー、そろそろ仕事始めだ。

写真はそのお寺でお屠蘇(おとそ)をいただいたときにもらった杯(さかずき)です。戌年にちなんでワンちゃんの絵柄でした。そういえば今年、僕、年男なんですよね。


AUTHOR: チョムナカタ DATE: 01/01/2006 20:11:17 去年はtagosakuさんにとってApple Year、
ひとつの果実が実った一年だったかと思います。
今年もさらなる飛翔を願いつつ(自分もだけど)
あんまカンケーありませんが
「男のたちの大和」、見たら感想教えて欲しいです。見ねぇか・・・
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1409-8ef75c1c

トラックバック

コメント

[C1780]

malaiyaさま
寒中お見舞い申し上げます。お大事に。
  • 2006-01-15 19:44
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1779]

おそくなりましたが、
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします!

年末年始、風邪ひきマライアでしたが、やっとなんとか復活しました。
お互いに体調には気をつけて今年もすてきな年にしましょうね!
  • 2006-01-15 17:44
  • malaiya
  • URL
  • 編集

[C1778]

チョムナカタ様
一緒に見に行きます?
竹村様
今年も引き続きご活躍ください。
  • 2006-01-02 15:19
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C1777]

・どこかで連載をGETしたい
・講演会がたくさん舞い込んでくれば嬉しい
・1月、2月に出版が決定している書籍以外にも何冊か本を出したい

一応連載はあるのですが、もっと増やしたいですね。
今までの延長ではなく、新しい、新機軸の本も出したいと思っています。

 竹村洋介@浮浪思想家


コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。