Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1441-047307e8

トラックバック

コメント

[C1809]

おならはおかずみたいなもの。
自分の想像力を鍛えるトレーニングだよ。
  • 2009-10-27 22:49
  • PEREZVON
  • URL
  • 編集

[C1808] 放屁しながら書くと臭そうです

突然、電撃的にバカバカしい内容になって、とてもいい味がでてるとおもいます。

♪ I can’t Stop the すかし屁 ~
どうしてなの おなーらーが止まらない

「電車にお乗りの際は、肛門はマナーモードに設定の上、放屁はご遠慮ください」
  • 2009-10-27 15:58
  • アフロあきら
  • URL
  • 編集

[C1807] 放屁しながら書いています

今度、ドラムではなく、おならを楽器にしてステージに立ってみては?
  • 2009-10-23 00:30
  • PEREZVON
  • URL
  • 編集

[C1806] 爆!

ワシも負けんわこんなバカバカしい話題もたまにはいいね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

おならが止まらない

最近、屁ばかりこいでいる。
屁をこぐために生まれてきたんじゃないかと思うぐらいに。

オリンピックにおならの三段跳びという競技があれば日本代表に選ばれるんじゃないか。
とか
肛門から発射される風圧でそのまま空を飛べるんじゃないか。
とか。
屁を散り散らしながら、ついそんな空想が浮かんでくる。

同じものを食べているからか。
それともあまりに僕が屁ばかりこぐので、釣られるのか。
こないだの休みの日なんて、
家族そろって、
肛門という楽器を使って、即興演奏を繰り広げてしまったほどだ。

一番放屁した数日前なんて、数えてはいないけど百回ぐらいはこいだんじゃなかろうか。
家の中にこもってできる仕事を生業としているからいいものの、
僕が会社員だったら、屁をこきすぎたために会社全体の業務が滞ってしまい、
解雇されたかもしれない。
そのときの解雇理由はもちろん「屁クシャル・ハラスメント(略称:屁クハラ)」であろう。

この肛門から絶え間なく出続ける気体をどうにか活用することはできないだろうか。
地球上にいる人口を60億人とする。
病気のため、肛門を摘出した人もいる(俳優の渡哲也も確かそうだ)だろうけど、
そのような人をのぞけば、誰もが日常的に放屁するはず。
年末に行ってきたエチオピアでは、牛糞が燃料として市場に売られていた。燃えやすいので重宝されているのだ。ならば気体である屁もエネルギーとして利用できるはずだ。

オール電化やエコジョーズ(だっけ?)、はたまた太陽光発電が静かなブームを呼んでいるようだが、屁を電気やガスのかわりのエネルギーとして利用し、屁がたくさん出た月は太陽光発電のように売電することも可能となるだろう。さらに屁を圧縮して空を飛んだり、はたまた宇宙へ飛んでいくといったことも可能になるかもしれない。

そのように屁をすべてエネルギーとして利用できれば、中国は無理でもナウル(人口約1万人)やパラオ(人口2万人あまり)のエネルギーをすべて屁でまかなうぐらいのことは十分に可能だろう(ちなみにナウルは鳥糞からできた燐によって儲けまくり、国民全員が無税だったことがある。そのころはなぜか鹿児島とナウルの間を定期便が飛んでいたはずだ)。

屁を回収してまわったり、集めた屁を圧縮してタンクで保管したり、はたまた天然ガスを毎週運ぶブルネイのタンカー乗組員のような、屁にまつわる職業が次々と生まれるかもしれない。

そうなったら世界の勢力図は塗り替えられるに違いない。人口が多ければ多いほど、エネルギー資源に富むのだから、中国が名実ともに世界の盟主となるだろう。やがてインドが人口で上回ると中国は盟主の座を受け渡すことになるだろう。

テクノロジー(何の?)が発達して屁を巡ってのテロ(屁テロ)が頻発し、同時多発屁ロが起こったり、挙げ句の果てに世界中が屁の利権を巡って戦争を始めたりするかもしれない。そこまで至らなくても屁ネルギー問題を元凶とした世界同時不況が起こったりするかもしれない。

屁の有効活用が世界を破滅に至らせるのは嫌なので、部屋の中で放屁するだけにとどめておくことにする。

banner_21.gif
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1441-047307e8

トラックバック

コメント

[C1809]

おならはおかずみたいなもの。
自分の想像力を鍛えるトレーニングだよ。
  • 2009-10-27 22:49
  • PEREZVON
  • URL
  • 編集

[C1808] 放屁しながら書くと臭そうです

突然、電撃的にバカバカしい内容になって、とてもいい味がでてるとおもいます。

♪ I can’t Stop the すかし屁 ~
どうしてなの おなーらーが止まらない

「電車にお乗りの際は、肛門はマナーモードに設定の上、放屁はご遠慮ください」
  • 2009-10-27 15:58
  • アフロあきら
  • URL
  • 編集

[C1807] 放屁しながら書いています

今度、ドラムではなく、おならを楽器にしてステージに立ってみては?
  • 2009-10-23 00:30
  • PEREZVON
  • URL
  • 編集

[C1806] 爆!

ワシも負けんわこんなバカバカしい話題もたまにはいいね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。