Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1444-ff9c1f4c

トラックバック

コメント

[C1815]

自分の耳目に過信しすぎることは危険です。見ていても自分には何も見えていないのかも知れません。
  • 2009-12-29 13:21
  • にしむたやすし
  • URL
  • 編集

[C1814] 足で

自らの足で稼ぐ。2次元的に這いずり回って、自分の耳目で確認する。その姿勢はいい教訓と勉強になります。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

あまり喜べない掲載

ダカーポ別冊のムック「最高の本」が今年も刊行された。
「ダカーポ特別編集 最高の本! 2010」

このムックには今年、刊行された書籍のベストが網羅されている。
プロの本読みの投票によって選ばれた各ジャンルのベスト10や各新聞・雑誌によるベスト5など。

昨年に出した「誰も国境を知らない」が「最高の本」の後者のコーナーに掲載された。
2年連続で。
昨年は日本経済新聞で5位だったが、今年は聖教新聞で1位に選ばれている。

嬉しくなくもないが、複雑な気分だ。
この本が売れず、社会的な認知がなされていないってことの裏返しだからだ。
ベストセラーになっていれば、ムックの編集者も選んだメディアもミスに気がついたことだろう。

***************************
WEB春秋で連載している「生きのびた日本」第二回、昨日掲載されました。


banner_21.gif

***************************
追記:
拙作のタイトルは「最高の本! 2010」の22-23ページに掲載されている。
各新聞が選んだベスト5が記された表だけでなく、脇に記されている総評にまで!
総評で拙作を紹介し、墓穴をさらに広げているのだ。

おかしいなあ、ほんとうにこれ、2009年の本だけを選んでるんだろうか。
疑問が頭をもたげた。
もう一度、その表をじっくりとチェックしてみると、僕の本のほかに、
昨年出された本が掲載されていることに気がついた。

ってわけで、どうやら今年に出たというくくりは案外弱いことがわかった。
お騒がせいたしました。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1444-ff9c1f4c

トラックバック

コメント

[C1815]

自分の耳目に過信しすぎることは危険です。見ていても自分には何も見えていないのかも知れません。
  • 2009-12-29 13:21
  • にしむたやすし
  • URL
  • 編集

[C1814] 足で

自らの足で稼ぐ。2次元的に這いずり回って、自分の耳目で確認する。その姿勢はいい教訓と勉強になります。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。