Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1534-996d656a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

床が抜けそう

5年半の間、一軒家の一室を仕事場として使っていた。友人である映画監督の森元修一くんを誘い、さらに二人を募集して集め、4DKを4人で維持することにした。いわゆるシェアハウスである。28000円の風呂なしアパートを引き払い、一軒家の3階にある5畳フローリングに住み始めた。その頃、僕は今の妻とつきあい始め、結婚することになった。家に空きはない。しかし、妻とは一緒に住みたい。かといって僕が音頭をとってはじめたシェアハウスなので早々に脱退はできない。家庭とシェアハウスを維持する為、妻に神奈川県からシェアハウスのある中野まで引っ越してもらった。僕はシェアハウスを仕事場にして、そこから徒歩3分の2DKに妻と住み始めた。2007年3月のことだ。
その後、シェアハウスでは本を3冊書いた。書く為の資料をあれこれ買っているうちに蔵書はみるみる増えていく。本棚を積み上げたり、妻との2DKに分散したりしてしのいだ。突っ張り本棚は合計で5つ。数えたことはないが数千冊はあるはず。

3.11のときはこの突っ張り本棚のおかげで本棚はほとんど崩れなかった。最期の突っ張り本棚をくみ上げたのは地震の1時間ほど前だった。備えて良かった。

話を戻す。最近、仕事場にいても緊張感が保てなってきた。なぜだかはかどらないのだ。家のまわりを走ってみたり、コーヒーをたくさん飲んで集中しようとしてもダメ。そんな状態がここ数年ひどくなってきた。解決の為に2007年3月、高田馬場にある自習室と契約した。資格試験や受験生が勉強するなかに身を置き執筆に励むことにした。一ヶ月6-7000円とかなり安価だが、シェアハウスと自習室、両方を維持するのはもったいない。シェアハウスでは書けない体質になってしまったのだ。本を置いておくだけのためにシェアハウスを維持するのはもったいない。ってことでシェアハウスを解消し、このたびアパートに本をうつすことにした。

それが床が抜けそうな件の写真の部屋。4畳半。一月25000円。シェアハウスの一室が41000円だったから毎月かなりの節約である。しかし、荷物を運んでみて、後悔している。床が完全に埋まってしまったからだ。こ、こんなにせまいとは。。。だけど契約してしまった以上、後戻りはできない。

中には高価な本や手に入らない本もある。壁一面に並んだ背表紙を眺めながらアイディアをひねり出す、って行為は紙の本故にできること。所有欲も満たせる。しかし、借りてしまったアパートで、シェアハウス同様の本棚の組み方をしたら、最悪、床が抜けてしまうかもしれない。

床が抜ける不安となんで借りたんだろーって後悔が脳裏に渦巻いています。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1534-996d656a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。