Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1537-036fd9ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

尖閣諸島の久場島のこと

昨日、尖閣関係の資料を整理していたところ、こんな記事を発見した。「30年間放置される尖閣列島「石油開発」の知られざる舞台裏」(「財界展望」2003.5)

それによると久場島について次のように書いてある。備忘録代わりにここに記しておく。
**************
 残る「久場島」は、なんと三〇年以上前から防衛施設庁が賃貸借契約を交わしていた事が、今回判明した。一九七二年の沖縄復帰以前は米軍の射撃・爆撃訓練場として、琉球政府(当時)が島の所有者と契約を交わしていた島だ。
「所有者一名と借地契約をしたのは、沖縄が日本に返還された昭和四十七年五月十五日です。二〇年間の契約で平成四年五月十五日には再び二〇年間の契約を更新しています。借地料はプライバシーの問題があるので公表していませんが、近年は同額で増減はありません。契約目的は在日米軍への施設提供です。復帰以前から久場島を米軍が使用していたこともあり、日米地位協定に基づく契約です」(防衛施設庁施設取得課)
**************
確か中国人が久場島に上陸したことがなかったような気がするが、それもそのはず。だって米軍基地なんだもの。魚釣・北小島・南小島の三島が国有化されても、久場島との賃貸借契約は残り、栗原家にはウン百万円(600万円とか)の借地料が今後も入り続けるという算段。本来は米軍が払うべきの、借地料は、もしかすると日本政府が肩代わりしているかもしれない。西山事件と同じ構図?
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/1537-036fd9ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。