Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/198-34554446

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シベリア鉄道に再チャレンジ

92年に世界一周を企てたんですが、
北京からモスクワまでシベリア鉄道に乗ろうとして、
宿からバスで向かう途中いろいろあり(拙著にその話は載っています)、
乗れなかったという経験をしたことがあります。

そこで10年ぶりに再チャレンジすることにしました。
とはいってもハルピンから満州里と中国国内ですけど。

ちゃんとモスクワ-北京と書いてありますね。
飛行機が全盛になる以前、海外放浪はこの鉄道がメインルートだったそうですね。五木寛之の小説などにそんなことを題材にしたものがありました。


石炭式のサモワールです。


コンパートメントはこんな感じです。
右の人はカトケンでしょうか??


食堂車です。


やっと乗れてご満悦です。


AUTHOR: ruihui DATE: 05/03/2004 20:57:21 ばすとーく
もすくわ - ぺきん って読めました
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/198-34554446

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。