Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/223-2b652667

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ジャングルに消えていく日本海軍の島4

昨日の続きです。
ここは病院です。

島の土地のほとんどが私有地なので見学しているとけっこう小銭を渡すことになります。


学校にあった国旗掲揚台です。
もちろん日の丸が掲揚されました。
子供たちは毎朝君が代を歌わされたんでしょう。


トラック神社の参道です。
爆撃の跡がまざまさと残っています。



これは潮位観測所です。


すぐ隣にはエッテン島(竹島)があります。
ゼロ戦の基地でした。

米軍が大空襲を行った日は前日までの警戒態勢が解除されていたこともあって、パイロットたちは、夏島(デュブロン島)に繰り出し、遊郭や飲食店で遊び、そのまま泊まっていたそうで、自分たちの飛行機が爆撃されるのを指をくわえて見ることになりました。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/223-2b652667

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。