Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/224-448d7bb7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ジャングルに消えていく日本海軍の島5

戦艦大和や武蔵もここを泊地にしていました。
これはその係留用のブイです。

空襲のときは危険を察知し、大和を避難させていたそうです。

巨艦よりも空母が重宝されるようになっていたし、
燃料が足らないこともあって実戦で、大和は大して使われず、片道燃料(いろいろ説があるが)で出撃し、撃沈されました。


この方は当時、軍属として港務部につとめていたルーカスさんです。彼は物資をダイハツで運んでいて、
戦艦大和に乗る機会を持ちましたが、デッキでは自転車やバイクで隊員が移動しているのを見たと言います。彼もまたとない機会なので願い出て散策したところ、迷ってしまったそうです。


これは一万トンタンクです。
運命を変えた昭和19年の二日間の空襲で出火、1週間燃え続けたそうです。


人間魚雷、回天の基地もありました。
ウトット島(月曜島)にありました。
運用されてはいなかったようです。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/224-448d7bb7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。