Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/234-283c6d81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本をなぶり殺した米軍の島

太平洋戦争の終盤、米軍はB29で日本中の都市という都市を無差別爆撃するという暴挙に出ました。

日本の都市には中心に軍事基地が置かれていることが多いので、攻撃は仕方なかったといいますが、そこには軍人ではない一般人の生活があったわけです。

皇居や京都をあえて目標から外す人道的配慮をしたとかなんとか言ってますが、大量無差別虐殺という事実は動かし難い事実だと思います。

もちろん彼ら米兵がノイローゼになるぐらい日本人の戦いぶりはすさまじかったわけで、米軍をそこまで追いつめるほど日本は強かったと言うことでしょう。

その分、日本軍もいろんなところであらゆることをやってましたが。


では、B29の発進基地となったテニアン島に6人乗りのプロペラ機で向かうとしましょう。


飛行機はふんわり、サイパンを飛び立ちました。写真はサイパンの南端を空から見たところです。テニアンとは最短5キロしか離れておらず、飛行時間はたった10分でした。

なお、サイパンも米軍が落としたあとはB29の発進基地となりました。


サイパン同様、テニアン島も玉砕の島と化しました。
民間人も含めた日本人が殺され、残った者も崖から次から次へと身を投げてしまいました。生き残った者は例外的でした。


これがB29が飛び立った滑走路です。
着陸した飛行場とは別のところです。

今でこそ島は静寂に包まれ、この飛行場も年に一、二回使われる程度のようですが、1945年当時は世界で一番忙しい空港だったそうで、45分おきに日本へ飛び立っていったことすらあるそうです。


滑走路の近くにはだだっ広い公園のようなものがあり、そこには奇妙なほど小さな椰子の木が植わった四角い囲いが左右に二つあります。

それこそが原爆を搭載したピットです。右は広島、左は長崎です。この穴の中に置かれた原爆(リトルボーイ)の上にB29(エノラゲイ)を持ってきて、腹に搭載させました。

そして8月6日広島市街を一瞬にして廃墟にしました。

また左のピットに置かれた原爆(ファットマン)がB29(ボックスカー)に搭載され、小倉へと飛び立っていきましたが、曇っていて投下できず、その結果長崎に投下されたのは8月9日のことでした。

ふたつの作戦に参加したチャールズwスウィーニーは言います。
「私は、この兵器を持ったのが我々であって、日本やドイツでなかったことを神に感謝しました」


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/234-283c6d81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。