Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/249-b6157e96

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

サハリンに残る日本時代の建物

すでに説明しているので詳しくは書きませんがサハリンはかつて日本領土でした。
中心地ユジノ・サハリンスクにも当時の建物が残っています。
これはかつての北海道拓殖銀行で今は美術館です。
拓銀は北海道からもなくなってしまいましたねえ。


これはポレチエ(北遠小丹)にある橋です。昭和13、4年頃にできたままです。
欄干の文字盤にコンクリが塗られ証拠隠滅されています。


これはマカロフ(知取)にあった神社跡です。
小学生がピクニックに来ていました。
話しかけたら、ペットのハムスターを見せてくれました。


これはかつてのトーチカです。
終戦直前にロシアが攻め込んできましたが、日本軍も立派に応戦しました。


これも拓銀跡です。ただしコルサコフ(大泊)のものです。
羊がリアルで怖いですね。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/249-b6157e96

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。