Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/325-8c99024e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

隠された霞ヶ関(かすみがせき)前編

先日、松戸へ出向く機会があり、地下鉄千代田線に乗った。霞ヶ関駅で乗り換えたのだが、丸ノ内線から地下通路を移動していて、この駅がかなりかわった構造を持っていることに気がついた。オウムがサリンをばらまいた事件の現場がこの駅なのだが、その特異な構造の盲点を突き、被害の拡大を狙っていたのかも知れないということにふと思い当たった。



というのも千代田線の駅の構造が変なのだ。
地下鉄だと普通は改札が上、ホームが下にあるはずだが、千代田線は逆の構造になっていたのだ。



これが霞ヶ関駅の構造。丸ノ内線がずいぶん上を走っている一方、千代田線はその下、しかも改札は一番下にあることがわかる。これでは客に不要な昇降をさせることになる。

オウム事件の際、地下鉄はこの駅で臨時停車。車外に脱出し、改札へと避難しようとした客たちはずいぶん動揺したことだろう。
地上へと続いている筈の階段がどこにもないのだから。


丸ノ内線からの連絡通路にはそういえばこんなへんてこな秘密階段のようなものもあった。いよいよこの駅の謎が深まる。


それでは千代田線のホームへとあがって、なんらか謎を解く手がかりがないか探すとしてみよう。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/325-8c99024e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。