Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/372-46647682

トラックバック

コメント

[C233]

Moaningおやじ様
詳しい解説ありがとうございます。
前回は鳥居が吹き飛ばされたような気がします。
海の上にある分、防災には余計に気をつかっておかないといけないんでしょうね。
でも風速60キロとそれに伴う津波までは予想しきれなかったってことでしょうか。
  • 2004-09-11 20:23
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C232]

(続き)
また、そのときは、広島市の海沿いの地域では、台風が通過してしばらくして、雨が降ったときに「停電」が起きました。
台風の風が海水を巻き上げて電柱の碍子などに、塩水が付着したまま乾燥して、次に雨が降ったときにショートして停電したものでした。
おそらく、今回は、そのときに碍子を水がたまりにくいタイプ(?)に替えたために、そういう停電は避けられていたのだと思います。
あ、違う方向に行ってしまいました。m(_ _)m
  • 2004-09-11 17:59
  • Moaningおやじ
  • URL
  • 編集

[C231]

>僕の記憶では10年ぐらい前にも壊れたような気がするんですが。
はい、確かに、壊れました。そのときは、広島県に住んでました。なんという建造物だったかは忘れました。
進路は今回の18号とは違って、豊後水道から入ってきて広島を直撃して通っていきました。
「同じ」なのは、風台風だったこと、厳島神社の建造物の一部が破損したこと。
(続く)
  • 2004-09-11 17:58
  • Moaningおやじ
  • URL
  • 編集

[C230]

そうですか。だったら以下のサイトを参考にしてください。
http://www.jinja.or.jp/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~washi/situmon-02.html
  • 2004-09-11 16:19
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C229]

これからは鳥居を見たら撮りますぅ。。
比較してみよん。。
  • 2004-09-11 08:42
  • acky
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

台風に襲われる前の宮島、厳島神社

雨ってしとしと降られると気持ちが沈みませんか?
少なくとも行動する気がなくなるのではないでしょうか?
僕はそうなんです。

ところが台風の場合は違いますね。
特段大きな被害にあったことがないからかも知れませんが、台風が近づいてくるとお祭りが近づいてきたかのように血が騒ぎます。なんででしょうね。熱帯のパワーを運んできてくれるからでしょうか?

それはさておき、こないだの台風で西日本は大きな被害を出したようですね。
広島の厳島神社がまた台風で壊れたそうな

 風雨が強まり出した午後一時ごろから修理中の本殿の桧皮(ひわだ)の一部がめくれ始め、同四十分ごろ、祓殿(はらいでん)前の左楽房(床面積約三十二平方メートル)が波に押されて倒壊。平舞台を支える木材が折れて床板が割れ、先端にあたる火焼前(ひたさき)が大きく破損した。

僕の記憶では10年ぐらい前にも壊れたような気がするんですが。…ご愁傷様です。

写真、記事の抜粋は中国新聞より。


僕も行ったことがありますよ。この神社。
海に浮かんでいるこの独特の鳥居、両部鳥居という形をしています。
靖国神社のものや再建されたペリリュー神社は神明鳥居、紹介したサハリンの鳥居は明神鳥居、サイパンの鳥居は鹿島鳥居でした。鳥居といってもいろいろあるんですね。

で厳島神社の鳥居ですが、左右の柱の前後に控柱が添えてありますよね。
それを横木(貫)でつないでありますよね。これは枠指(わくざし)鳥居ともいわれているんだそうですよ。

それにしてもこんな鳥居、瀬戸内だからできるんでしょうね。太平洋の外海じゃ考えられません。


狛犬も実に立派ですね。しっぽがいくつもあります。


今回、受難の部分もこの写真に納まっていることでしょう。



社殿以外に気になるのは門前町のお店の看板です。
このKittyはどうなったんでしょうか?


AUTHOR: wio URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/17185 DATE: 09/10/2004 07:57:18 ほんとにどうなったんでしょう?(心配)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/372-46647682

トラックバック

コメント

[C233]

Moaningおやじ様
詳しい解説ありがとうございます。
前回は鳥居が吹き飛ばされたような気がします。
海の上にある分、防災には余計に気をつかっておかないといけないんでしょうね。
でも風速60キロとそれに伴う津波までは予想しきれなかったってことでしょうか。
  • 2004-09-11 20:23
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C232]

(続き)
また、そのときは、広島市の海沿いの地域では、台風が通過してしばらくして、雨が降ったときに「停電」が起きました。
台風の風が海水を巻き上げて電柱の碍子などに、塩水が付着したまま乾燥して、次に雨が降ったときにショートして停電したものでした。
おそらく、今回は、そのときに碍子を水がたまりにくいタイプ(?)に替えたために、そういう停電は避けられていたのだと思います。
あ、違う方向に行ってしまいました。m(_ _)m
  • 2004-09-11 17:59
  • Moaningおやじ
  • URL
  • 編集

[C231]

>僕の記憶では10年ぐらい前にも壊れたような気がするんですが。
はい、確かに、壊れました。そのときは、広島県に住んでました。なんという建造物だったかは忘れました。
進路は今回の18号とは違って、豊後水道から入ってきて広島を直撃して通っていきました。
「同じ」なのは、風台風だったこと、厳島神社の建造物の一部が破損したこと。
(続く)
  • 2004-09-11 17:58
  • Moaningおやじ
  • URL
  • 編集

[C230]

そうですか。だったら以下のサイトを参考にしてください。
http://www.jinja.or.jp/
http://www5e.biglobe.ne.jp/~washi/situmon-02.html
  • 2004-09-11 16:19
  • tagosaku
  • URL
  • 編集

[C229]

これからは鳥居を見たら撮りますぅ。。
比較してみよん。。
  • 2004-09-11 08:42
  • acky
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。