Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/38-273f7d29

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

エチオピア旅行に出発してから一ヶ月

FI2612523_1E.jpg
出発したのが12/17でしたから出発してからすでに1ヶ月以上がたってしまったことになります。

詳しくは追々、写真を交えて発表していきます。今回はちょっとした報告です。


○印象的だったこと
・到着直後におそわれた高山病
・原始時代さながらの暮らしをしている人々
・動物園のような南部の幹線道路
・衣食が足りていない本当の貧困
・独特の信仰が残るご当地のキリスト教
などでしょうか。

○食と健康
これを機に体の抵抗力を強化しようって思っていたので、現地では何でも食べるようにしました。衛生感覚は現地にあわせました。生肉を食べたり、洗ったことがなさそうなコップに盛られたご当地どぶろくを飲んでみたり。
現地では案の定、南京虫にやられました。ビニールを敷き、持参したシーツにくるまって寝たので、20カ所ほどだけでしたけど。
嘔吐や下痢など過度の排泄という「問題」にぶち当たりました。だけど排泄って悪くないですね。というか出せば出すほど爽快でした。うれしさのあまり、毎日の排泄回数をメモしたり、写真を撮ったり。普段しない記録活動をしてしまいました。
日本の食事は防腐剤など余計なものがたくさん入っています。体の中に余計なものを蓄積しているはずなので、たった2週間、余計なものを絶っただけで体質を根本から改善出来たとは思えませんが、ヒントはありました。
体の中に一匹ぐらい寄生虫を飼ってもいいって前から思っていたのですが、うまく進入してくれたかどうか。
現地の香辛料を買ってきました。毎日、食べていると引き続き代謝がいいです。

○プラスされた価値観
世界50カ国以上を回ってきて、その体験が僕という人格のかなりの部分を作り上げているようなところがあります。たいがいのことを経験したためか、単に海外というだけでは、自分を根底から変えるほどのカルチャーショックをうけることはなくなってきていました。
ところがこの国、すごすぎます。久々にがつんとやられました。
南部へ行くと原始時代さながらの暮らしを続けている人たちがたくさんいて、彼らとの出会いはとても刺激的でした。程度の差はあれ世界各国が近代化を金科玉条として「発展」しています。「発展」ってのは生命力などいろいろなものを人から失わせるってことに改めて気付かされました。
他方、彼らにとって我々との出会いが今までの暮らしに大きな影響を与えていることも確かです。原始生活を営んでいるエチオピア南部の人たちも近代化という奔流に飲み込まれています。
この国の南部で考えたこと、見たことは僕を変えたのかもしれません。僕の中に新たな物差しが埋め込まれたような気がします。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/38-273f7d29

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。