Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/692-364f7594

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

使い続けた物にまつわる記憶 その1

身の回りにあるものの整理処分、買い換えを進めている。
日曜日には以前からほしかったビデオカメラと編集ソフトを手に入れた。今朝、使わなくなったフォークギターを廃品回収業者に渡したし、午後には炊飯器を引き取ってもらえるよう粗大ゴミ券を買ったり、パソコンのパーツをあれこれ買い取ってもらった。

こうしたことを進めているのは手狭な部屋を少しでも有効に使いたいということと、機材を新しくして仕事や生活の効率をよくしたいということ、そして僕の物欲。

確定申告の還付金が戻ってきたのを機に一気にやり遂げようとしている。

機材をかえることで実際、仕事の効率に効果が現れている。
『僕の見た「大日本帝国」』『写真で読む 僕の見た「大日本帝国」』二冊を書いた14インチのノートパソコン、IBMのシンクパッド。これを毎日、自宅からバイクで20分かかる仕事場までリュックに担いで持ち運んでいた。だが12インチのモバイルパソコン、やはりシンクパッド、を入手したことで執筆パターンが一変した。今まで半分の重さしかないそのパソコンを日々持ち歩いている。軽くて助かる。今までよりも行動範囲が広まった。仕事場にしている自習室だけでなく、ファミレスに持って行ったりして書くこともある。導入以来、原稿書きはほぼその12インチばかりでこなしている。

購入を検討し始めた春頃、軽さと電池の持ちでパナソニックのレッツノートに決めるつもりだった。だが、キータッチの良さと価格の安さと頑丈さの評判でシンクパッドに決めた。後者は値崩れが進んでいて、ほぼ同じスペックで8万円ぐらいは違うのだ。安かった分、大容量バッテリーや増設用のメモリを購入することができた。14インチのR40eは今後も使うつもり。二冊書ききって愛着が染みついている。自分の体の一部のような存在だ。たまにフリーズしたり、そうでなくても処理の遅さにいらいらすることが多いが、売ることなんて考えられない。そんなことをしてしまったら、両腕をもがれてしまったような喪失感を味わうに決まっている。
手書きで長文を書かない僕にとってパソコンは清書のいらない便利なペンだ。膨大なデータが入ったハードディスクは僕の脳の一部ですらある。パソコンで文章を書くのが当たり前になっていなかったら、表現手段の幅がずっと狭いままで、本を出版するなんてことはできていなかった様な気がする。(続く)。


AUTHOR: 池内義大 EMAIL: gidai@s8.dion.ne.jp DATE: 06/18/2006 20:57:43 think padと聞いて、遅ればせながら思わずコメントしてしまいました。実は私もthink padユーザー。

ちなみに機種はX40、かれこれ2年弱使っています。どこにでも持っていける軽さと小ささは、性能を犠牲にしても余りある魅力ですよね。それまでは自作のデスクトップだったので、正直な所いろいろな意味でギャップは大きかったのですが、今のテキストを主に扱う生活スタイルではもうデスクトップに戻る必要性を感じていません。新OSに移行して、次に買うとしてもやっぱりthink padでしょうね。
X60シリーズはハードディスクが2.5インチになってるみたいだし。(実は先月、ハードディスクがクラッシュし、現行のミニハードディスクでは少々おっかなくなってしまった……。やっぱり、バックアップは大切です)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/692-364f7594

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。