Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/697-de51a827

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雀の交尾

最寄りの駅から家まで歩いている途中、
頭上から聞き覚えのない鳥の鳴き声が聞こえてきました。
ひよこに似たピヨピヨピヨという声なのですが、せっぱ詰まったような早口です。
その鳴き声にチュチュチュチュという雀の鳴き声が絡みます。
なんだろうと思って見上げると電線の上に雀が二羽いました。

メスらしき雀がチュチュと鳴き、隣りの電線にうつると、
オスらしき雀が追います。
オスはさらにせっぱ詰まったかのように先ほどよりも早口でピヨピヨピヨピヨピヨと鳴くと、
真横に密着します。
メスの気持ちを確かめたのか、すぐにオスはハチドリのようにホバリング、メスの上にチョコンと乗っかります。
クイクイと下半身を動かします。
雀に表情の変化はありません。
何も考えていないのかもしれません。

オスは何事もなかったかのようにメスのもとから離れ、
鳴き声も普通の雀のそれに戻りました。
一瞬の出来事でした。

次の世代へ命がつながっていく瞬間を目撃し、気持ちが温かくなるのを感じました。

AUTHOR: アフロあきら URL: http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/2599/ DATE: 06/28/2006 14:42:04 目覚しい活躍の記事のあとに、雀のKobeというネタに落とすところがにしむたさんらしい。
すずめだけでなく、野良犬の場合もピストン運動が終わると何事も無かったかのようにメスから離れていきますね
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nishimuta62.blog114.fc2.com/tb.php/697-de51a827

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

PEREZVON(ペレズヴォン)

Author:PEREZVON(ペレズヴォン)
西牟田靖(ニシムタ・ヤスシ)
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒業後、フリーライターになる。近年は旅・現場・実感にこだわるノンフィクション作品を発表し続けている。著書に『僕の見た「大日本帝国」』(2005)、『誰も国境を知らない』(2008)など。NPS(Nikon Professional Services)会員。
****************
近年、ノンフィクションライターと見なされることの多い西牟田靖のブログ。手間をいとわず、自分の好奇心に忠実な仕事をしていきます。

Twitter

 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。